BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【八重洲ブックセンタービジネス書ランキング1位!】弱みを克服した人にクリエイティブな人はいない!?『クリエイティブ思考の邪魔リスト』

PR TIMES8月23日(火)17時29分
画像:【八重洲ブックセンタービジネス書ランキング1位!】弱みを克服した人にクリエイティブな人はいない!?『クリエイティブ思考の邪魔リスト』
写真を拡大
画像:【八重洲ブックセンタービジネス書ランキング1位!】弱みを克服した人にクリエイティブな人はいない!?『クリエイティブ思考の邪魔リスト』
写真を拡大
「邪魔」さえ除けば創造的思考は湧いてくる。

マイクロソフト、デル、フィットビットなどで活躍してきた凄腕マーケッターである瀬戸和信氏による「NewsPicks」人気連載を書籍化した『クリエイティブ思考の邪魔リスト』が、八重洲ブックセンター本店の経済・経営・ビジネス書部門(2016年7月17日〜7月23日)にて1位を獲得いたしました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/4702/111/resize/d4702-111-478678-0.jpg ]

「これは『非合理的に真面目』な日本人が 世界一クリエイティブになるための本である」
(「NewsPicks」佐々木紀彦編集長)

「規則の島」で仕事や通勤に長時間を費やす私たちは、生来持つ「クリエイティブ思考」を封印されてしまっている。創造性の“芽生え” を邪魔する15 の悪習慣さえ取り除けば、誰だって豊かな思考を持てる!

たとえば……
◆徹夜をしてはいけません
◆制約をあなどってはいけません
◆慎重に計画を練ってはいけません
◆「考えても仕方のないこと」を考えてはいけません
◆弱みを克服してはいけません
◆「自己ブランディング」に罪悪感を持ってはいけません
◆惰性リズムを積み重ねてはいけません

著者の地元、金沢市長もブログで絶賛!
http://ameblo.jp/yamano4455/entry-12186988215.html

【著者略歴】
[画像2: http://prtimes.jp/i/4702/111/resize/d4702-111-630189-1.jpg ]

瀬戸和信(せと・かずのぶ)

テクノロジーマーケター。1978 年、石川県金沢市出身。元ラガーマン(学生+社会人の合計8年間)。フィットビット・ジャパン勤務。地元の高校を卒業後、地元の企業アイ・オー・データ機器に入社。営業職を務める。しかし、世界を舞台に仕事がしたいという野望を抱き、英会話を猛勉強、20代後半に足を踏み入れようとするタイミングで、デルの採用試験に合格。中国・大連に赴任する。その後、日本エイサー、日本オラクル、日本マイクロソフトで営業、マーケティング、プロダクトマネジメント、ビジネスデベロップメントの現場においてシニアマネジメント職を歴任。マイクロソフトで「2 in 1(Surface)」、エイサーで「ネットブック」という新しい概念を日本に定着させ、商品をヒットさせた。

現在は、ウェアラブル端末の出荷数世界1位(2015年)のメーカー、フィットビット・ジャパンで「ウェルネス+ウェアラブル」という新しい概念を日本に展開中。「東洋経済オンライン」や「NewsPicks」で連載を執筆。2016 年より法政大学統計実習特別講師、14 年1月より東京から石川県をおもしろくするコミュニティ「DOKYO FESTIVAL」エバンジェリストも務める。家族はカナダ人の妻と二人の子ども。

【書籍情報】
『クリエイティブ思考の邪魔リスト』
瀬戸和信 著
朝日新聞出版
定価:1400 円+税
四六判並製256 ページ
ISBN 978-4-02-331521-1

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「思考」をもっと詳しく

注目ニュース
日本でも一転、実施へ=ディーゼル車の無償修理—ベンツ 時事通信7月22日(土)1時17分
メルセデス・ベンツ日本(東京)は21日、親会社のドイツ自動車大手ダイムラーが欧州で実施するディーゼル車300万台以上の無償修理について、日…[ 記事全文 ]
「AERA」完売店続出!創刊号以来の重版決定!星野源さん連載「ふたりきりで話そう」に大反響! PR TIMES7月21日(金)14時41分
朝日新聞出版は、ニュース週刊誌「AERA」の7月10日号(7月3日発売)から31日号(同24日発売)までの4号について、異例の増刷を決めま…[ 記事全文 ]
ボディーソープ自主回収=最大136万個、香りに異常—資生堂 時事通信7月21日(金)18時48分
資生堂は21日、国内外で販売しているボディーソープ最大136万個を自主回収すると発表した。[ 記事全文 ]
栄養ドリンク、元気なし…愛飲世代の退職などで 読売新聞7月22日(土)9時15分
「リポビタンD」に代表される栄養ドリンク剤の売り上げが減っている。消費を支えてきた団塊世代のサラリーマンの退職や、特定保健用食品(トクホ)などライバル商品の普及が背景にある。ドリンク剤を手がける製薬各社は、女性向けや仕事のスタイルに合わせた商品の投入などで、巻き返しを図ろうとしている。[ 記事全文 ]
ポテサラの「リンゴ」はアリかナシか? プレジデント社7月21日(金)15時15分
■「肯定派」「否定派」世論、真っ二つポテサラは、どんな具も包み込む包容力を持っている。だから各家庭や店の味に個性が出る。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア