EV(電気自動車)バッテリー市場調査分析レポート -グローバルEVバッテリーの市場トレンドおよび将来展望について市場調査を行いました。-

8月26日(木)16時16分 PR TIMES

市場調査分析レポート「車載リチウムイオン電池マーケットトレンド-2021版」の販売開始。

将来、実用化が期待される先端技術の情報を提供する沖為工作室合同会社(東京都町田市、CEO:沖本 真也)は市場調査分析レポート「車載リチウムイオン電池マーケットトレンド-2021版」の販売を2021年8月26日より開始いたしました。

急変する自動車産業を取り巻く環境

近年、自動車業界を取り巻く環境は激変しています。配車サービスやライドシェア市場の台頭は、車に対する消費者の意識を変革しようとしており、自動車の世界販売台数もここ数年、減少傾向にあります。グローバル化の浸透とともに都市化も進み、必ずしも自己所有の自動車だけが移動手段ではなくなってきていることがあります。一方でデジタル化が急速に進み、消費者のライフスタイルは、より便利なものを求めるとともに、時間の有効活用を志向するようになっています。

こうした文脈で捉えるとEV市場が目指しているものが、単にガソリン車の置き換えではなく、変わろうとしている消費者のライフスタイルに合わせ、よりスマートな形で消費者の利便性を高めることにあると言えます。例えばEV化を進める企業が同時に自動運転にも取り組んでいるのにもこうした背景が存在しています。

カーボンニュートラル

現在EV市場を取り巻く環境は、グローバルレベルでは米国ZEV規制と欧州CO2規制、中国NEV規制がメインに進行しており、特に中国の新エネルギー車(NEV)市場は再び活気付いており、世界のEV市場を牽引していくことが想定されます。近年カーボンニュートラルがグローバルトレンドであり、中国も2020年9月の国連総会において2030年までにCO2排出量をピークアウトさせ、「2060年まで」にカーボンニュートラルを実現する目標を表明しています。

欧州委員会も電池規則案(提案)を2020年12月に発表しており、ヨーロッパの自動車セクターの電動化、カーボンニュートラルなエネルギー貯蔵および持続可能なバッテリーのバリューチェーンがフォーカスされ、欧州成長戦略におけるキー要素となっています。カーボンニュートラル戦略自体は、地球環境を守るという大義名分がある一方で、いかに経済性を担保できるかがキーであり、既存産業にも大きな影響を与えることも考慮すると、どのようにして有効な政策で道筋をつけるかが重要であり、けっして易しい問題ではありません。

市場規模予測

一方で混迷を極める世界情勢であっても産業の発展は留まるどころかさらに加速しようとしています。欧州委員会は新車のCO2排出量を2035年までに100%削減という新しい目標を2021年7月に設定しました。グローバル規模でEVバッテリーの需要は急速に高まっているとともに、自動車産業は21世紀における最大規模の産業トランスフォーメーションを体現しようとしています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/55998/18/resize/d55998-18-353313d3146933dd01f0-2.png ]

Source:沖為工作室

本レポートでは市場動向から関連企業の取り組みアップデートをはじめ、欧州と中国のバッテリーに対するアプローチの違いや、バッテリー技術トレンド、充電ステーション、リサイクル・リユースの取り組み状況等、幅広い視点から分析を行っています。

目次

1.世界のEV市場動向
(1)EV規制動向
(2)EV乗用車市場
(3)電動トラック・バス市場
(4)電動オフ・ハイウェイ車市場
(5)スマートシティと中国市場
(6)欧州市場

2.世界の車載バッテリー市場トレンド
(1)車載バッテリー技術
(2)バッテリーパック
(3)BMS
(4)充電ステーション
(5)Battery as a Service

3.EVおよび車載バッテリーメーカー取り組みアップデート
(1)Tesla
(2)Volkswagen
(3)General Motors
(4)NIO
(5)CATL
(6)Northvolt
(7)SVOLT

4.車載バッテリー部材市場トレンド
(1)正極材
(2)負極材
(3)電解液
(4)セパレーター

5.車載バッテリーリサイクル、リユース動向
(1)車載バッテリーのリサイクル、リユースに関わる法規制
(2)各社の取り組み
(3)リサイクル、リユーススキーム分析
(4)ボトルネック分析

6.市場規模分析
(1)EV市場
(2)車載バッテリー市場
(3)車載バッテリーリサイクル、リユース市場

7.国別分析
(1)中国
(2)ノルウェー
(3)ドイツ
(4)イギリス
(5)アメリカ
(6)日本
(7)インド
(8)その他

8.まとめ

レポート詳細リンクは↓
https://www.chong-wei.com/ev_battery_market.html

講演活動からカスタマイズ調査までへ

沖為工作室は講演での発表を軸に市場調査を展開する、新しいタイプの調査会社です。市場とのコミュニケーションを重視しており、発表内容をアップデートし続けることで、常に最新のトレンドを扱っています。またこうした講演や執筆活動の他、製造業界、市場調査業界で培った人脈、インタビュー・リサーチノウハウ等、あらゆるリソースを総動員して調査が行われています。

現在取り扱っている主な調査分野

[画像2: https://prtimes.jp/i/55998/18/resize/d55998-18-abecb8be5df8a31ac225-0.png ]


弊社では高額になりがちな市場調査のコストを最適化できるよう、お客様のニーズに合わせたご提案をしております。市場調査分析レポートの他、カスタマイズ調査にも対応しており、ご好評を頂いております。すでに海外市場でも実績があり、2021年は大幅な成長が見込まれます。

◇今後のセミナー講演予定↓
https://www.chong-wei.com/event.html

☆その他、書籍、雑誌の執筆依頼も多数頂いております。

[画像3: https://prtimes.jp/i/55998/18/resize/d55998-18-55e738e2eaff26fe6626-1.jpg ]


【沖為工作室合同会社について】

「人々が働き、生活するためのフェアな場所を作る」という、ミッションのために2020年に設立された会社です。国内だけでなく、米国メディアにも取り上げられ、グローバルに活動を展開しています。沖為工作室合同会社では、利用可能なすべてのネットワークを利用し、エマージングテクノロジーの領域において、迅速かつ信頼性の高い、最適な市場情報をご提供することに精進していきます。 英語表記ではChong Wei Gong Zuo Shi, LLCとなります。沖は中国語ではChongと発音し、突き進むという意味があります。困難にも恐れず突き進む者に為(Wei)るという意味と工作室(Gong Zuo Shi)は中国語でジブリスタジオなどのスタジオを意味し、市場のエンターテイナーになりたいという思いで会社名がつけられています。

もし宜しければ弊社ホームページもご覧ください。
https://www.chong-wei.com/
SNSでのフォローも歓迎いたしております。

【本件に関するお問合せ先】
沖為工作室合同会社
電話:050-4560-2377 メールアドレス:support@chong-wei.com

PR TIMES

「バッテリー」をもっと詳しく

「バッテリー」のニュース

「バッテリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ