働き方改革をワークインフラから支えるPhone Appli「テレワーク・デイズ2019」に参加

8月28日(水)18時40分 PR TIMES

萩・明倫学舎にて、2019年10月のサテライトオフィス開設に向け「多様な働き方」を実証

 株式会社Phone Appli(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 洋介、以下「Phone Appli」)、は、「テレワーク・デイズ2019」に参加し、テレワークとプログラミングワークショップを実施いたしました。

 「テレワーク・デイズ」は、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、東京都および、関係団体と連携し、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を、「テレワーク・デイ」と位置付けて、テレワークの実施・促進を展開する取り組みです。(「テレワーク・デイズ2019」 https://teleworkdays.jp/ )
[画像1: https://prtimes.jp/i/17441/70/resize/d17441-70-814459-0.png ]

■参加の背景
 Phone Appliは、コミュニケーションポータル「連絡とれるくん」や「居場所わかるくん」といったサービスを通じて、様々なお客様のワークスタイル変革を支援してまいりました。また、自社においても恒常的にテレワークやリモートワークの検証を重ね、場所に縛られない働き方を推奨することで社員のパフォーマンス向上に繋げています。こういった新しい働き方改革を推進する一方で、IT人財不足という課題が近年深刻になり、次の時代を創り上げていくIT人財育成を促進していきたいという想いから、2019年10月に山口県萩市にアプリ開発者の地元採用・育成を目的とした『萩 明倫館 アプリ開発センター』を開設予定です。当センターではセールスフォース・ドットコムが提供するアプリ開発環境、トレーニングプログラムを全面的に採用予定となっており、今回のテレワーク・デイズ2019では多くのアプリ開発者を萩市で育成するための拠点として、必要な環境や機能の実証も合わせて行いました。


■テレワークにおける取り組み内容と評価
 Phone Appliは、テレワーク・フレックス勤務・フリーアドレスなど、弊社社員が柔軟に働ける環境や制度の整備に取り組んでまいりました。遠隔での教育育成・マネジメントに取り組むにあたって、必要十分な検証が完了したことをふまえ、2019年10月萩市でサテライトオフィスを開設する運びとなりました。今回テレワーク・デイズ2019に参加し、 東京・萩間でのテレワーク実施の障壁となる課題の有無を実地検証し、生産性の高い業務を行うことが可能という判断にいたりました。また、今回の取り組みを通じて得た知見を、今後サービスや機能拡張へも反映させ、来夏の東京オリンピック開催時のテレワーク実施に備えてまいります。


《テレワーク 実施概要》
[画像2: https://prtimes.jp/i/17441/70/resize/d17441-70-153239-4.jpg ]

日 時: 令和元年8月19日(月)から8月22日(木)の4日間
場 所: 萩・ 明倫学舎 本館2階 特別応接室、展示映像室
参加者:(株) セールス フォース・ドットコム 10 名
    (株) Phone Appli 5名
内 容:本社(東京)勤務者が萩を訪れ、本格的なテレワーク(本社業務)を実施することによる、2020年東京大会に向けた本番テスト。

■プログラミングワークショップにおける取り組み内容と評価
 Phone Appliは、(株)セールフォース・ドットコムと合同で、市内を中心とした中学生・高校生及び、テレビ会議で接続した徳山工業高等専門学校をサテライト会場とし、徳山高専の学生を対象に、プログラミングの基礎を学べるワークショップを開催いたしました。 萩を中心とした山口県下の高校生・高専生 から世界へ飛び出せる優秀なプログラマを輩出するための初の取り組みとして、プログラミングの楽しさや大切さを感じていただけるよう、モバイルアプリケーションの構築を体験いただきました。ワークショップ中、初めて見るプログラミングの世界に驚きつつも、すぐに対応してアプリケーションの構築に順応するシーンや、積極的に質問をいただくシーンも見られ、将来の職業の1つとして具体的なイメージを持っていただく機会となりました。今回の取り組みを通じていただいた意見や感想をふまえ、山口県萩市にアプリ開発者の地元採用・育成を目的とした『萩 明倫館 アプリ開発センター』での採用活動を行ってまいります。


《プログラミングワークショップ 実施概要》
[画像3: https://prtimes.jp/i/17441/70/resize/d17441-70-143827-3.jpg ]

日 時:令和元年8月20日(火)14:00〜17:00
場 所:萩・明倫学舎 本館2階 展示映像室
主 催:(株) セールス フォース・ ドットコム、(株)Phone Appli
後 援:萩市 ※株式会社ネットケアサービスが環境整備を支援
対 象:市内を中心とした、中学生・高校生及び、徳山工業高等専門学校学生
参加費:無料
内 容:セールスフォース・ドットコム、Phone Appliの第一線で活躍する若手社員をスタッフに、プログラミングの基礎を学べるワークショップを開催。簡単なアプリ制作も体験。


【 『萩 明倫館 アプリ開発センター』を2019年10月に開設 】
(1)事業所名 :萩 明倫館 アプリ開発センター
(2)所在地 :萩市大字江向602番地(萩・明倫学舎本館2階 復元教室を改装して利用)
(3)事業内容 :1.サテライトオフィス 2.人財育成事業
(4)操業開始 :2019年10月(予定)
(5)計画雇用人数 :5〜10人(地元雇用)※将来的に50人規模
(6)今年度募集要項:2020年3月末までに高校、専門学校、高等専門学校を卒業・修了見込みの萩市近辺の方
(7)募集職種 :Salesforce アプリケーション 開発エンジニア(プログラマー)
[画像4: https://prtimes.jp/i/17441/70/resize/d17441-70-150878-5.png ]



《 株式会社Phone Appli について 》
 株式会社Phone Appliは、「コミュニケーション改革企業No.1」をビジョンに掲げ、多様な働き方の実現を目指す働き方改革推進企業様をサポ—トいたします。6年連続国内シェアNo.1のコミュニケーションポータル「連絡とれるくん」をはじめ、自社オフィス「CaMP」での実証実験、世の中の働き方改革調査などを通じ、導入企業のワークインフラを改善し、企業文化の変革や企業価値の向上を目指します。

《 株式会社Phone Appli会社概要 》
代表取締役社長  :石原 洋介
所在地      :〒105-0001 東京都港区 虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル8階
設立       :2008年1月
資本金      :398,365,710円
業務内容     :連絡とれるくん(コミュニケーションポータル)、居場所わかるくん等クラウドサービス・Microsoft Office 365連携サービス・Salesforce AppExchangeのアプリケーション企画・開発・販売/Cisco Unified Communications Managerはじめ各種IP-PBX対応アプリケーションの開発・運用/
URL       :https://phoneappli.net/

PR TIMES

「テレワーク」をもっと詳しく

「テレワーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ