家計簿サービスを利用するシニア世代、3年で約2倍に【マネーフォワード調査】

8月29日(木)10時0分 MONEYzine

 マネーフォワードが提供する家計簿サービスのユーザーのうち、シニア世代の利用者数が3年で約2倍増加した。


 マネーフォワードの家計簿サービス「マネーフォワード ME」は、銀行やクレジットカード、ECサイト、証券など2,600以上の金融関連サービスから入出金履歴や残高を取得し、自動で家計簿を作成するサービス。今年8月23日に同サービスの利用者数は850万人を突破している。


 同社が8月27日発表したところによると、「マネーフォワード ME」のシニア世代(50歳以上)の利用者数が、2016年7月時点の27万8,000人から、2019年7月に53万6,000人となり、3年で約2倍に増加したという。


 今回、マネーフォワードは増加するシニア世代の利用者のうち、1,141名を対象に「シニア世代の生活に関する実態調査」を行った。今後の生活で不安に思うこと1位は「お金」、2位「健康」、3位「認知症」、4位「介護」の順となった。


 また、シニア世代に「現在お金を使っていること」「今後お金を使いたいこと」をたずねると、以下のような回答が得られた。お金に関する不安が大きいことから、本来は「旅行」にお金を使いたいが、現在は「投資と貯蓄」に最もお金を使っていることが推察できる。


 また、シニア世代に「マネーフォワード ME」を使い始めて変わったことを聞くと、29.5%が「キャッシュレス生活をするようになった」と回答。その他にも、お金についての勉強や情報収集をするようになったり、無駄遣いが減るなどの効果があったとしている。


 最後に、「マネーフォワード ME」が老後のお金の管理に役立てられている(役立てられそう)と思うかという質問については、70.7%が「思う(思う・少し思うを合算)」と回答している。


【調査概要】

調査実施時期:2019年7月17日〜7月23日

調査対象:お金の見える化アプリ『マネーフォワード ME』利用者1,141名

調査手法:インターネットを利用したアンケート調査


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

金融リテラシークイズ、最も平均点が低かったのは「複利計算」の問題

30・40代で「貯金ゼロ」の人は23.1%、貯蓄額100万円以下は6割

家計簿サービス「マネーフォワード ME」、利用者数850万人突破

MONEYzine

「家計簿」をもっと詳しく

「家計簿」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ