【秋の花粉に要注意!?】春以外でも、夏と秋にも花粉症に悩む方が一定数いることが判明。増加しつつある子どもの花粉症から守るために、今からやっておくべき対策は!?

8月29日(木)15時40分 PR TIMES

秋も花粉からママとお子さまを守る

萬祥株式会社は、お子さまが花粉症のママを対象に、「花粉症」に関する意識調査を実施し、お子さまとご自身のアレルギー対策方法などを調査致しました。

現在の日本では、花粉症患者数は増加の一途をたどり、今や「国民病」とも言える状況になっています。
国民の4割は花粉症を発症していると推定され、今後も増加することが予測されています。
春は花粉症の方とってつらい時期と言われていますよね。

しかし、春に次いで秋も花粉症をはじめとしたアレルギー症状が出やすい季節であり、「秋の花粉症」についても注意が必要です。
特に、小さいお子さまは免疫力が弱く、アレルギーを引き起こす物質に対しては無防備な状態にさらされます。
また、過去に厚生労働省が発表したデータによると、花粉の飛散量の増加や、生活様式の変化などで小児花粉症も増加の一途を辿っていることが分かります。

実際に、子育て中のママたちは、お子さまの体調を左右するアレルギー等には敏感になっているのではないでしょうか。
そこで今回、萬祥株式会社(https://www.mansyou.co.jp/)は、お子さまが花粉症のママを対象に、「花粉症」に関する意識調査を実施しました。

 調査概要:「花粉症」に関する意識調査
◆調査期間:2019年8月20日(火) 〜 2019年8月22日(木)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査人数:1,064人
◆調査対象:お子さまが花粉症のママ
◆モニター提供元:ゼネラルリサーチ


花粉症シーズンの春以外でも『アレルギー症状が出やすい』という回答が集まる!

まず、「お子さまのアレルギー(花粉症) 症状が出やすいのはいつですか?」と質問したところ、『春(65.1%)』が最も多く、次いで『夏(6.2%)』『秋(5.6%)』『冬(2.6%)』と続きました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-173617-0.png ]


『春』という回答が多いのは納得ですが、『夏』と『秋』にも一定数回答が集まりましたね。

そこで、上記の質問で『秋』と回答された方に「どのような症状ですか?」と質問したところ、『鼻水が出る(40%)』という回答が最も多く、次いで『目と鼻にかゆみが出る(28.3%)』『くしゃみ(13.3%)』『喘息に似たせきが出る(11.7%)』『目の充血(6.7%)』と続きました。
秋の花粉はブタクサが多いと言われており、鼻水が出たり、喘息のようなせきが出たりする方が多いようです。
風邪をひいているわけではないのに、鼻水や咳が出るようになった方は要注意かもしれません。

次に、「お子さまのアレルギー(花粉症) 症状が出やすいのはどのような場面ですか?」と質問したところ、『外出時の屋外(74.1%)』が最も多く、次いで『在宅時の日中(11.6%)』『在宅時の睡眠中(6.7%)』『外出時の屋内(6.3%)』と続きました。
やはり、外出時に外で飛散している花粉などのアレルギー物質に触れることにより、症状が現れるようですね。


7割近くのママがお子さまの花粉症対策に満足していないと回答。

外出時に花粉症の症状が出るお子さまが多いことが上項の調査で分かりましたが、「外出時に花粉症の対策はしていますか?」と質問したところ、『はい(70.2%)』という回答が7割を超える結果となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-828766-1.png ]


「どのような対策をしていますか?」と質問したところ、『マスクの着用(52.1%)』という回答が最も多く、次いで『薬の服用(35.3%)』『ゴーグルの着用(6.0%)』『うがい(3.9%)』と続きました。
対策方法は人によって様々ですが、効果についてはいかがでしょうか。

そこで、「お子さまの花粉症対策に満足していますか?」という質問に対しては、約7割の方が『いいえ(69.1%)』と回答されており、多くの方が困っている状況にあります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-776197-2.png ]


一方、お子さまの花粉対策だけでなく、ママ自身は花粉に関してどのような影響を受けているのでしょうか。


ママ自身の花粉症対策に対しても『満足していない』という回答が7割近く集まる。

次に、「ママ自身もアレルギー(花粉症)がありますか?」と質問したところ、『はい(76.9%)』という回答が8割近く集まり、お子さまとともに困っている方が多いようです。


[画像4: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-912063-3.png ]


続いて、『はい』と回答された方に対して、「どのような対策をしていますか?」と質問すると、『マスクの着用(58.0%)』『薬の服用(35.4%)』『うがい(3.2%)』『ゴーグルの着用(2.3%)』という順になりました。
お子さまの対策方法とほとんど同様に行っている方が多いようです。

花粉症の対策の満足度に関しても、お子さまに対する調査と同じで、約7割の方が『いいえ(69.0%)』と回答しました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-215378-4.png ]


ママ自身も花粉症に悩まされ、外出時の対策は大変だと思いますが、小さいお子さまであればマスクも嫌がることもあり、なおさら大変ですよね。
在宅時であれば空気清浄機でお部屋の環境を整え、症状の軽減を図ることもできますが、外出時に身の周りの環境を良くすることは難しいと思います。

そこで、「外出時でも使えるコンパクトな空気清浄機があったら使ってみたいですか?」と質問したところ、7割を超える方が『はい(74.4%)』と回答しました。
「外出時に空気清浄機?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、どのような対策アイテムがあるのでしょうか。


屋外で使用可能なコンパクトな空気洗浄機を使用し、親子で秋も花粉症対策を!



[画像6: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-914876-5.jpg ]


萬祥株式会社の取り扱う「Airvida-M1」(https://www.mansyou.co.jp/?p=367)は、ネックレスタイプの、屋外でも使用できる空気清浄機です。
空気中に浮遊するほこりや花粉、タバコの有害な煙に含まれる化学物質などをマイナスイオンがキャッチして下に落とすため、より良い空気環境での呼吸が可能となるのです。


お子さま用「Airvida-C1」(https://www.mansyou.co.jp/?p=500)もあるため、ご家族でお出かけの際に重宝することでしょう。
お子さま用は「安全性」に特に気を使っており、万が一口に入れても安全なFDA 認証済みシリコンで作られています。
また、お子さま用は首にかけるタイプの空気清浄機となっておりますが、引っかかっても首が絞まらないよう、マグネットで着脱が可能になっております。

[画像7: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-714759-6.png ]


「Airvida-M1」(https://www.mansyou.co.jp/?p=367)の本体の重量は、なんとわずか20gです。この軽さは、身に着ける際に首や肩への負担を最低限に抑え、着けていることを忘れてしまうほどの軽さです。
襟用クリップでの着用も可能となり、場所を選ばずに使用することができます。
家やオフィス内はもちろん、通勤通学時のバスや電車内、車の中やレストラン、コンサート会場など多くの人が集まる場所でも空気環境を改善し続けます。
カラーバリエーションも、今回ママにピッタリなホワイトが仲間入りしたため、オシャレに敏感なママもスタイリッシュかつ快適にご使用いただけます。

周りの空気の汚れが気になる方や、ご家族にはいつまでも健康な身体で日々の生活を送ってもらいたいと考えている方は、ぜひ萬祥株式会社にご相談ください。


萬祥株式会社



[画像8: https://prtimes.jp/i/39364/6/resize/d39364-6-810221-7.png ]


萬祥株式会社は、自社ブランドを中心に様々な商品を取り扱っております。OEM商品の取り扱いや医療機器の取り扱い事業など、美容と健康に関する幅広い事業展開を行っておりますので、健康についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

また、第88回東京インターナショナルギフトショー秋2019(https://www.giftshow.co.jp/tigs/88tigs/index.htm)にも出展します!
ブースにて「Airvida-C1」と「Airvida-M1」についても詳しくご紹介します。
ぜひ足をお運びください。

■萬祥株式会社
■https://www.mansyou.co.jp/
■TEL : 03-5806-9360
■お問い合わせ:https://www.mansyou.co.jp/?page_id=83

PR TIMES

「花粉」をもっと詳しく

「花粉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ