「mesm Tokyo, Autograph Collection」の全客室に電子ピアノ“Privia”を導入

8月29日(木)15時40分 PR TIMES

日本ホテル(株)の新ブランドが2020年4月に東京・竹芝に開業予定

カシオ計算機は、JR東日本グループの日本ホテル株式会社が2020年4月に東京・竹芝に開業を予定している「mesm Tokyo, Autograph Collection(メズム東京、オートグラフ コレクション 以下「mesm Tokyo※1」)」の全265の客室において、当社の電子ピアノ“Privia”「PX-S1000BK」の導入が決定しましたので、ご案内します。
※1:“TOKYO WAVES”をコンセプトに、東京を取り巻く空気感、人々の流れ、伝統と革新の融合、新しい価値基準など、絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することにより、ゲストに新たな発見を提供する、次世代に向けたラグジュアリーなホテル。

[画像1: https://prtimes.jp/i/40622/44/resize/d40622-44-416670-3.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/40622/44/resize/d40622-44-123630-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/40622/44/resize/d40622-44-332704-1.png ]


「mesm Tokyo」では、五感を魅了する体験を提供するために、JAPAN QUALITYにこだわり、さまざまな企業とのコラボレーションを予定しています。

その中で、聴覚に訴え、音楽に触れる楽しさを体感できる客室にするべく、電子ピアノの導入を決定。奥行き業界最短※2となるスリムでスタイリッシュなデザインを実現しながらも、上質な鍵盤タッチと美しい音色を備えたことを評価し、当社の「PX-S1000BK」が全265の客室に採用されました。
※2: ハンマーアクション付きの88鍵盤、スピーカー内蔵の電子ピアノとして。2019年8月29日時点、カシオ調べ。

当社は今後も音楽の楽しさを多くの人が体験できるよう、「PX-S1000BK」の積極的な展開を行い、音楽人口の拡大を図ってまいります。

<PX-S1000BK>
“Privia”の原点である、一人に一台、自分の部屋に置いて楽しめる“Private Piano”というコンセプトに立ち返り、従来とは一線を画すスリムかつスタイリッシュなデザイン、グランドピアノを感じさせる美しい音色と自然な弾き心地を実現。また、Bluetooth(R)を使ったオーディオ再生機能も新たに搭載し、Bluetooth(R)スピーカーとして使用できるだけでなく、お気に入りの曲に合わせた演奏も可能です。

Bluetoothは、Bluetooth SIG,Inc.,U.S.Aの登録商標であり、カシオ計算機はライセンスを取得しています。
Priviaは、カシオ計算機の登録商標です。
その他の会社名・商品名は、各社の登録商標または商標です。

PR TIMES

「ピアノ」をもっと詳しく

「ピアノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ