モーニングスター、株主優待で仮想通貨XRPを贈呈

8月30日(金)9時0分 MONEYzine

 モーニングスターは8月28日、仮想通貨(暗号資産)であるXRPを、中間期の株主優待として贈呈すると発表した。


 モーニングスターは、東証一部への市場変更申請を行っており、さらなる株主への利益還元として、2019年9月30日を基準日とする中間配当の増配を決定。あわせて中間株主優待として、仮想通貨XRPを贈呈することを決めた。


 対象となるのは、2019年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された1単元(100株)以上を保有する株主で、仮想通貨XRPを30XRP(30単位)贈呈する。


 XRPはグローバル送金で活用されており、その実用性が今後高まることによって、資産運用においても重要な資産クラスのひとつになると同社は説明している。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

マネックス証券、ポイントから仮想通貨への交換をスタート

仮想通貨ユーザーの7割が「仮想通貨版インデックスファンド」に興味あり

GMOフィナンシャル、店頭FXは収益率が過去最高水準に、仮想通貨事業の収益も増大

MONEYzine

「株主」をもっと詳しく

「株主」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ