カンデラ、Pricol Limited社と戦略的パートナーシップを締結

8月31日(火)19時17分 PR TIMES

アートスパークグループのカンデラは、インドの大手自動車部品および精密工学製品メーカーのPricol Limited社(以下:Pricol社 コインバトール/インド)と戦略的パートナーシップを締結しました。

これにより、カンデラのHMI開発ツール「CGI Studio」で開発したHMIソリューションが、すべての車両セグメントでサービスを提供するPricol社の次世代コネクテッド・ドライバー・インフォメーション・システム(DIS)製品に導入されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/17174/36/resize/d17174-36-36510510b0f17c0671a7-0.png ]

この戦略的パートナーシップにより、インドおよび世界市場における自動車製品の設計において、最先端のHMI開発をはじめ、製品の導入期間の短縮やコスト効率の高いソリューションを提供することができるようになりました。これはカンデラの「CGI Studio」だけで、他のツールを併用することなくPricol社が開発したさまざまな製品プラットフォーム上に構築される、次世代ディスプレイシステムのサポートが可能なため実現しました。

「CGI Studio」は、直感的で拡張性が高く、かつハードウェアに依存しないHMIデザインソリューションです。車載分野をはじめとするその他多くの産業分野において、革新的でカスタマイズ可能なあらゆる種類の2D/3DのHMI開発が可能です。また多言語に対応しており、どなたでもすぐに使えるHMIコントロールやAIベースの「Smart Importer」を搭載しているため、プログラミングをすることなく、フル機能を備えたHMIを簡単に作成することが可能です。

Pricol社は、「CGI Studio」をはじめ、高速マルチコアプロセッサー、大型ディスプレイ、ASPICE(Automotive SPICE(R))、AUTOSAR(Automotive Open System Architecture)、ISO26262やオペレーティングシステム(OS)ベースなどの次世代の新技術やシステム、ソフトウェアプロセスの採用に継続的に取り組んでおり、無線ネットワークを経由した通信のOTA(Over the Air)を利用したソフトウェアの更新や車両追跡、遠隔診断、そして予知保全などのコネクテッド・ソリューションを提供しています。

Pricol社のマネージングディレクターであるVikram Mohan氏は次のように述べています。
「わが社は、40年にわたる専門知識により、さまざまな車両セグメントにハイエンドソリューションを提供するDIS開発の限界を押し広げてきました。わが社のDIS製品は、視覚的にインパクトのあるグラフィックコンテンツをはじめ、利便性や情報のわかりやすさなど、ユーザーのニーズに対応しながら進化を遂げてきました。HMIソリューションを共同で設計・開発できるパートナーを探していたとき、カンデラの2D/3Dグラフィックの設計を容易にするHMI開発ツール「CGI Studio」に出会いました。注目機能の「Smart Importer」は、グラフィックソフトウェアでデザインしたアートワークをインポートし、フル機能を備えたHMIを自動的に生成することができ、HMIの作成をより迅速かつ効率的に行うことを可能にしてくれます。
今回のパートナーシップ締結により、次世代の接続型ハイエンドTFT(Thin Film Transistor:薄膜トランジスタ)ベースのシングルおよびマルチディスプレイ対応のデジタル情報アーカイブシステム(DIAS)の提供を強化し、進化し続けるユーザーの技術的なニーズを満たすことが可能になります。」

また、カンデラの最高経営責任者(CEO)であるラインハルト・ヒューリヒトは、次のように述べています。
「カンデラは、組み込みソフトウェア開発における20年以上の実績のもと、HMI開発において世界中の顧客をサポートしています。カンデラは、1年以上に渡りPricol社と協働し、HMIの概念実証(PoC)構築をサポートしてきました。今回のパートナーシップ締結は、両社の協力関係を次の段階に進めるものであり、Pricol社のハイエンド技術を用いてHMIソリューションを構築することで、世界中の両社のユーザーを成功へ導くサポートができると確信しています。」


カンデラは組み込みソフトウェア開発における20年以上の実績と、幅広い顧客ベースのもとに、カスタマイズ可能な製品を提供しています。今後もHMIのニーズに沿ったソリューションを提供するために、ユーザーおよび業界パートナーと緊密に協力していきます。

5,000万台にも及ぶ搭載実績を持つ HMIソリューション:https://www.artspark.co.jp/candera_jisedai/
カンデラの製品・サービス・カタログ:https://premium.ipros.jp/candera/
「CGI Studio」無償体験版のダウンロード:https://cgistudio.at/ja/hmi-design/
カンデラのニュースレター登録:https://www.canderajp.co.jp/candera_entry/


Pricol Limited社について
Pricol Limitedは、コインバトールに本社を置く、インド有数の自動車部品・精密工学製品メーカーです。1975年に南インドのコインバトールで操業を開始し、今日では自動車部品・製品ビジネスの世界的なブランドとして、世界中のトップ自動車メーカーから高い評価を得ています。Pricol社は、ドライバーインフォメーションシステムをはじめ、センサー、ポンプとその関連製品、テレマティクス、ワイピングシステムの分野で事業を展開しており、インド国内および45カ国以上の国際市場の2輪車、3輪車、乗用車、商用車、農機具、そしてオフロード車などの大手自動車メーカーに対し2,000種類以上の製品を提供しています。
現在は、コインバトール、デリー首都圏、パントナガール、プネー、スリシティに7つの製造工場、インドのサタラに子会社製造工場、インドネシアに製造工場を持ち、東京とシンガポールにオフィスを構えています。Pricol社には、5,000人以上の従業員がおり、「情熱」「持続可能性」「ダイナミック」「進化」をミッションとして掲げています。詳細については、https://www.pricol.com/をご覧ください。


カンデラについて
カンデラは、自動車および様々な産業における世界の顧客向けの主要なHMIツールプロバイダーであり開発パートナーです。主にHMI開発および組み込みソフトウェアの分野におけるソフトウェアサービスの提供と、CGI Studioツール環境でお客様をサポートしています。Candera GmbH(オーストリア/リンツ)と、カンデラ ジャパン(東京/新宿)は、どちらもアートスパークホールディングス(東京/新宿)のグループ会社です。

Candera GmbH:https://cgistudio.at/ja/
カンデラ ジャパン:https://www.canderajp.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/canderacgistudio/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCZyzdK8yFY52Ot-SvaGkM_A
Twitter:https://twitter.com/CanderaGmbh
Linkedin:https://www.linkedin.com/company/candera-cgistudio/

お問い合わせ先
株式会社カンデラ ジャパン 広報担当 原田 洋子
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド2F
e-mail:press@artspark.co.jp

PR TIMES

「パートナーシップ」をもっと詳しく

「パートナーシップ」のニュース

「パートナーシップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ