【新プラン登場】お宿で満喫!ゆっくりと豊かな滞在を。周りを気にせずのんびり楽しめるコンテンツ満載「地酒3種飲み比べ & 国産線香花火セット付きプラン」8月31日より販売開始

8月31日(火)18時47分 PR TIMES

熊本の地酒3種を嗜みながら、大人も楽しめる線香花火で夏を締めくくろう!

この度、地域とゆるやかに繋がる古民家ホテル「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」(以下、当施設)では、地域の魅力と合わせて、当施設内でも充実した時間をお過ごしいただくために「熊本の地酒3種飲み比べ&国産線香花火セット付きプラン(通常料金+2,500円)」を販売開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/65226/8/resize/d65226-8-6ca6c779ab1f5a7ed4b7-0.png ]


本プランは、まん延防止等重点措置に伴い、地域の飲食店が時短営業で対応されるコロナ禍において、お部屋や当施設の中でも周囲を気にせずゆっくりとお楽しみいただくことのできるプランです。自然豊かな熊本の水やお米を使った日本酒や、今ではとても貴重となった国産線香花火など、日本の歴史や伝統・文化にも触れながら贅沢な時間を過ごすことができます。ご家族やお仲間など大切な方と思い出に残る素敵な夏の締めくくりをお過ごしください。

【熊本の地酒3種飲み比べ】
世界最大級のカルデラを有する阿蘇や九州山地の伏流水をはじめ、湧水に恵まれたくまもと。
県内に点在する湧水群は1,000を超えるともいわれます。その水は大地を潤し、豊かな食文化を育みました。ひとつが米文化。そして、酒の文化です。ぜひ、お部屋でゆっくりとお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/65226/8/resize/d65226-8-b07beba1156f91e6ccdd-1.png ]


1.瑞鷹 熊本城 300ml
純米ならではの豊かなお米のうまみ
熊本県産米を全量使用、阿蘇を源とする清冽な地下水と熊本酵母を使用し、自然豊かな熊本の風土が醸し出した純米酒です。純米ならではの豊かなお米の旨みは冷やでもお燗でもお楽しみいただけます。

2.通潤 純米酒「のんびり、ゆったり、まぁるい時間。」 300ml
明るい色調で照りも強いが、味わいは大変軽やかで若々しく清々しい印象で吟醸香も感じられます。
洋食の前菜や生ハム、チーズなどと合わせると更に美味しくなります。
冬はお燗酒で、夏はキリっと冷やして。山都町の祭り酒の定番です。

3.香露 冷酒 300ml
本醸造の火入れ酒。
米の旨味を軽快な飲み口で楽しめる。特に冷やした状態での香味のバランスを重視した商品。

【守りながら磨く、国産線香花火】
繊細な火の玉が落ちてしまわないよう、じっと息を凝らして、線香花火の火花が散るのを見つめる…夏の夜の風物詩として、日本では多くの人が懐かしさを覚える線香花火は、実は日本独自に発展した花火文化の一つです。しかし国産線香花火のメーカーは全国にわずか3軒しか残っていません。そのうちの一つが福岡県みやま市にある「筒井時正玩具花火製造所」です。花火には、火を囲む人間の本能を呼び起こす力がある。火を眺めて癒されたり、人との距離を縮めたり。そんな体験を当施設の敷地内でお楽しみください。※1箱お選びいただき、火鉢・マッチ・ロウソクはご用意致します。
[画像3: https://prtimes.jp/i/65226/8/resize/d65226-8-96c7042313eacba107c2-2.png ]


1.西の線香花火 スボ手牡丹
300年変わらない線香花火の原形です。線香花火はワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われています。米作りが盛んな関西地方には、ワラが豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。現在、国内でこの花火を製造しているのは筒井さんの製造所のみとのことです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/65226/8/resize/d65226-8-b93bee64c86396732874-3.png ]


2.東の線香花火 長手牡丹
昔なつかしい線香花火です。関西から伝わる際、関東地方では米作りが少なく紙すきが盛んだったため、ワラの代用品として紙で火薬を包んで作られました。そのため、この長手牡丹は関東地方を中心に親しまれ、その後、スタンダードな線香花火として全国に広がっていきました。スボ手牡丹に比べて燃焼時間が長いのが特徴です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/65226/8/resize/d65226-8-94497795596d643e9a9c-4.png ]


● 筒井時正玩具花火製造所
子供向け玩具花火の製造を続けて約90年。国内唯一の線香花火製造所であった製造所(福岡県八女市)が1999年に廃業し、日本の線香花火は消えてしまう運命でした。しかし、3代目筒井良太氏が線香花火の製造技術継承を願い、その製造所で修行し、製造所の廃業と同時にすべてを引き継がれ、同県みやま市高田町(旧三池郡高田町)で伝統の光を守り続け、現在に至ります。
HP:https://tsutsuitokimasa.jp/about

▼地酒3種飲み比べ & 線香花火セットプランのご予約はこちら
Mail:info@nipponiakosa.jp
TEL:096-234-8871

【滞在をさらに満喫する当館オリジナルサービス】
■ レンタサイクル ■
◯利用時間:9時から18時
◯料金:レンタル代無料
◯保険料:1台1,000円のみ別途当日現地でお支払いいただきます。
※事前にご利用の旨ご連絡下さい。

■ 天然蜜蝋バームワークショップ ■
◯利用時間:ご相談ください
◯料金:1個 2,000円 別途当日現地でお支払いいただきます。
◯所要時間:40分
※事前にご利用の旨ご連絡下さい。

■ KOSA PASS with NIPPONIA ■
甲佐町商店街の連携店舗に見せるとお店からおまけがもらえるKOSA PASS with NIPPONIA。宿泊者だけが使える地域と繋がる特別なPASSです。PASSは、NIPPONIAの仲間であるNIPPONIA 美濃 商家町に併設されている和紙専門店「Washi-nary」に特注で依頼しています。美濃和紙を使い活版印刷で1枚1枚丁寧に作っています。旅の思い出にご使用後はどうぞお持ち帰りください。

▼感染症対策について
当館では、「飛沫感染・接触感染」の防止、「3つの密」の回避、および衛生管理を徹底しております。また、コロナウイルス感染症予防におけるガイドラインに沿って客室や共用スペースなどの換気や消毒を徹底しております。なお、アクティビティプラン提供時にあたっては、担当スタッフ及び参加者の体温・体調チェックと使用する用具の消毒を行ってお迎え致します。
[画像6: https://prtimes.jp/i/65226/8/resize/d65226-8-c6e01199370b5c91f73b-5.png ]



【施設概要『NIPPONIA 甲佐 疏水の郷』】
■所在地:熊本県上益城郡甲佐町大字岩下字東園82番
■アクセス:
九州自動車道・御船ICより車で約15分
熊本空港より車で約30分
熊本市内から車で約30分
熊本市内よりバスで約60分(桜町バスターミナル〜バス停「甲佐」から徒歩1分)
■電話番号: 096-234-8871 (9:00~18:00)
■施設構成:2棟3室(トイレ・バスルームあり)
客室名 質:77.19平米、大人3名定員
客室名 煙:73.35平米、大人3名定員
客室名 継:53.38平米、大人3名定員
小学生以下のお子様連れの場合、大人2名、子供2名まで可。
■ご予約:
公式サイト:http://nipponiakosa.jp/


●NIPPONIA 甲佐 疏水の郷について
NIPPONIA 甲佐 疏水の郷は、古民家再生による地域活性化を掲げる株式会社Drawing(所在地:熊本県甲佐町 代表取締役:米原賢一)と、甲佐町のまちづくりを手がける一般社団法人パレット(所在地:熊本県甲佐町 代表理事 大滝祐輔)との共同事業として熊本県甲佐町に築130年の旧松永邸を改修し、2020年11月に開業した古民家ホテル。「地域とゆるやかにつながる縁側(えんがわ)」をコンセプトとして、滞在するお客様が地域の方々とのゆるやかな交流を楽しめるきっかけを提供しています。

本リリースに関するお問い合わせ先: pr@nipponiakosa.jp (担当:米原、柴尾)

PR TIMES

「線香」をもっと詳しく

「線香」のニュース

「線香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ