「スーパーカップMAX」笑福亭鶴瓶さん出演新TVCM 9月2日よりO.A.開始

9月2日(月)9時40分 PR TIMES

[画像1: https://prtimes.jp/i/304/1270/resize/d304-1270-888914-0.jpg ]

麺は番手が命!鶴瓶師匠が初のサウンドロゴに挑戦!
〜「麺は番手が命やで」篇/「麺は番手が命やで 焼そば」篇〜

平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
エースコック株式会社(本社:大阪府吹田市 社長:村岡寛)では、スーパーカップMAXの新TVCMを、2019年9月2日(月)より全国放映します。
CMキャラクターには、昨年に引き続き落語家であり、司会業、役者と幅広い活躍を続けている笑福亭鶴瓶さんをメインに起用します。

食べごたえと満足感を追求した「スーパーカップMAX」のリニューアルに伴い、新TVCMを制作しました。今回も若年層への注目度を上げるために、10代に人気のYoutuber、Instagramer等、多数の方々を起用し、WEB動画を配信します。お腹だけではなくエンターテイメントとしても満足感を感じてもらい、メインターゲットである10代の若者を中心に、本商品のブランドイメージを訴求して参ります。

<本CMのポイント>
1. しょうゆ、みそ、とんこつそれぞれに専用麺を使用したことを「麺は番手が命」というセリフとともにストレートに訴求した、印象的な映像!
2. 10代インフルエンサーを多数起用し、学校設定にすることでメインターゲットに訴求!
3. 本CMメインキャラクターである笑福亭鶴瓶さんが初めて歌うサウンドロゴ

※番手…切刃番手といい、麺帯幅30mmあたりで切刃によって切り出されるめんの本数によって定められる数字。数字が小さいほど太い麺になり、大きいほど細い麺になる。
例)麺の太さ 16番>18番>24番

<CM概要>
放送開始 :2019年9月2日(月)
放送エリア :全国
CMタイプ :「麺は番手が命やで」篇/「麺は番手が命やで 焼そば」篇

■CMストーリー
舞台はスーパーカップMAX学園。暗闇の教室の中、鶴瓶師匠が一心不乱に「スーパーカップMAX」を食べている。しょうゆ、みそ、とんこつと次々食べた鶴瓶師匠はおもむろに叫ぶ。「麺は番手が命やで!」次の瞬間パッと周囲が明るくなり、クラスメイト達が鶴瓶師匠を取り囲み、一斉にお祝いのクラッカーを打ち鳴らし、紙吹雪が舞う中、エンディングへ!
「スーパーカップMAX」が専用麺を使用していることを、「麺は番手が命」というセリフとスピード感あふれる映像で訴求します。

【麺は番手が命やで篇】

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=JydL4hfNB_I ]



【麺は番手が命やで 焼そば篇】

[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=k2pHp9xKwso ]



■今回のCMの企画意図と経緯
「スーパーカップMAX」の麺のリニューアル、そして専用麺の登場を、圧倒的な王道感と迫力をもって、ストレートに表現するCMを企画しました。
商品を勢いよく食べる鶴瓶師匠を印象的なシーンで魅せ、商品のホンモノ感を伝えることで、興味と期待を生み出し、購買意欲を最大化することを狙いました。

■メイキングエピソード
8月某日に関東近郊の廃校のスタジオにて撮影は行われました。この日は最高気温35度以上を記録した猛暑日!暗闇でカップめんを一心不乱に食べるシーンでは、カップめんを作るためのお湯をわかす湯気でもうもうとする、とても厳しい環境での撮影にも関わらず、鶴瓶師匠は嫌な顔ひとつせず、スタッフを笑わせるなど終始楽しい雰囲気を作り出してくれていました。サウンドロゴにも挑戦頂き、イントネーションに苦戦しながら何度も歌いこみ、一生懸命取り組んでくれました。
撮影の合間には、ご自身が34年前に出演したエースコック「走れ!!牛ちゃん」という商品のCMポスターと2ショットを撮り、ご自身のインスタグラムに投稿するなど楽しんでくれて、そんな雰囲気が伝わる仕上がりのCMとなりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/304/1270/resize/d304-1270-703786-6.png ]


■WEB配信動画へも注力
今回の「スーパーカップMAX」も、より10代へアプローチを図るべく、数多くのWEB動画を配信する予定です。近年、多岐にわたる嗜好性をもった若年層の消費者に「広く」「深く」突き刺さるコミュニケーションを展開するために様々な領域の異なるインフルエンサー、アーティストを起用しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/304/1270/resize/d304-1270-197130-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/304/1270/resize/d304-1270-575449-1.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/304/1270/resize/d304-1270-583342-3.png ]


■様々な演出の動画制作
スーパーカップMAXのフレーバー毎にチーム分けした対決運動会動画や、チームごとの意気込み(政党演説)、胸キュン動画等、各キャラクターを活かした様々なシチュエーションで動画を制作。
メインターゲットである10代の若年消費者を飽きさせず、より注目、興味喚起してもらえるような演出を図りました。

■笑福亭鶴瓶プロフィール

[画像6: https://prtimes.jp/i/304/1270/resize/d304-1270-882564-7.png ]



12月23日生まれ、大阪市出身。笑福亭松鶴の許に入門。内弟子時代を経て、昭和47年に上方落語協会会員として登録。落語を中心に、タレント、司会者、役者など幅広い活躍。
第33回日本アカデミー賞優秀主演男優賞や、第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞と数々の賞を受賞。現在は、テレビ番組・ラジオ番組、計8本のレギュラーを抱える人気落語家として活躍中。

PR TIMES

「スーパーカップ」をもっと詳しく

「スーパーカップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ