東京都が運営するLINE公式アカウント『特殊詐欺対策・東京都』に、プログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』が採用されました。

9月2日(月)11時40分 PR TIMES

 hachidori株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伴 貴史、以下「当社」)は、当社が運営するプログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』が、東京都が運営するLINE公式アカウント『特殊詐欺対策・東京都』に採用されたことをお知らせいたします。
 本アカウントは、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)と東京都が8月9日に締結した「特殊詐欺の被害防止に向けた連携に関する協定」の取り組みのひとつとして開設されました。オレオレ詐欺・架空請求詐欺などの特殊詐欺被害防止のための啓発・情報発信を行っています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19280/43/resize/d19280-43-648131-1.png ]


 本アカウント内では『hachidori』のチャットボットを活用し、特殊詐欺の被害状況や犯行予兆電話の入電状況の表示、特殊詐欺の手口・対応策を周知する動画への遷移などを行っています。
 当社は今後も、テクノロジーを活用したより良い社会の実現に寄与してまいります。


「特殊詐欺の被害防止に向けた連に関する協定」概要
・ 目的
コミュニケーションアプリ「LINE」を通して、高齢者やその子供世代、さらにはその子供世代まで、SNSを利用したコミュニケーションが図られ、より家族間等相互の連絡、相談がしやすい環境の整備に取り組み、特殊詐欺の被害防止に資することを目的とする。

・ 連携事項
(1) 特殊詐欺被害防止に資するSNSを活用したコミュニケーション作りに関する調査研究
(2) 「LINE」を活用した特殊詐欺の被害防止に関する調査研究
(3) 「LINE」を活用した特殊詐欺の被害防止対策の普及啓発
(4) その他前条の目的を達成するために必要な取組に関すること

・ 協定の期間
2019年8月9日から2020年3月31日まで


■ 『hachidori』とは (https://hachidori.io/)

[画像2: https://prtimes.jp/i/19280/43/resize/d19280-43-682803-0.png ]


 プログラミング不要、WEBブラウザの操作のみで簡単にチャットボットが開発できるツールです。お問い合わせ対応から営業支援、マーケティングまで、作成できるチャットボットの幅広さが強みです。個人向け『hachidori』、法人向け『hachidori plus』合わせて7,000件以上の開発実績を持っています。
 月額10万円(税抜)から利用が可能です。LINEの法人向け開発パートナー(Technology Partner)、LINE WORKの連携ツール(Bot開発/ツール)の認定を受けています。


■ 会社概要
会社名:hachidori株式会社
代表者:代表取締役社長 伴貴史
設立:2015年5月
所在地:東京都千代田区神田錦町3-17 廣瀬ビル7階
事業内容:プログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』運営
アルバイトと店長のための業務管理アプリ『CAST』運営
URL:https://hachidoriinc.com (コーポレートサイト)
https://hachidori.io/ (『hachidori」サービスサイト)
https://cast-baito.com/ (『CAST』サービスサイト)

PR TIMES

「詐欺」をもっと詳しく

「詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ