パーソル パ・リーグTV野球動画クリエイター選手権 開催のご案内

9月4日(金)17時46分 PR TIMES

元北海道日本ハムファイターズ 森本 稀哲 氏がゲスト審査員に!

パシフィックリーグマーケティング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:根岸 友喜)は、プロ野球界をさらに盛り上げるような動画を制作できるクリエイター発掘を目的とし「パーソル パ・リーグTV野球動画クリエイター選手権」を開催することをご案内いたします。
 なお本イベントは、2020年度パシフィック・リーグ オフィシャルスポンサーである人材総合サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:水田 正道)より、パーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 広敏)が運営する「TECH PLAY(テックプレイ)」とともに開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19259/96/resize/d19259-96-615235-2.jpg ]




コンテスト実施の背景、目的

パシフィックリーグマーケティングは、2012年にリーグ公式動画配信サービスであるパ・リーグTVのサービスを開始。インターネットを通じたパ・リーグ主催試合のLIVE配信にスポーツ界でいち早く取り組んでまいりました。

近年ではLIVE配信だけでなく、プロ野球の幅広い魅力をファンのみなさまによりお届けするため、好プレー珍プレーを中心とした特集動画を様々な切り口で配信しています。
特集動画や試合のハイライトなどを公開しているパーソル パ・リーグTV公式YouTubeチャンネルの総再生回数は6億回を突破したほか、2020年8月の月間再生回数ランキングでは、スポーツジャンルで1位であるだけでなくYouTube全体の9位にもランクインするなど大きく成長を続けており、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から球場での観戦に制限がある今、インターネットを通じて簡単に観られる野球動画への注目は日々高まっていると考えています。

このような背景からより、ファンの皆様にプロ野球の魅力をお伝えできる動画をさらに増やしていくため、
今回動画クリエイターの発掘を目的とした本コンテストを開催する運びとなりました。
「ファンを熱狂させる野球動画」をテーマにしたこのコンテストでは、企画選考が通過された方に実際の試合映像(2020年パ・リーグ主催試合)を編集いただき、動画を制作いただきます。制作いただいた動画は、パーソル パ・リーグTV公式YouTubeチャンネルで公開させていただく予定です。
コンテストでは、その再生回数を加味した上、審査員の投票によりグランプリを決定させていただきます。
また企画選考を通過された方で、実際にパーソル パ・リーグTVのクリエイターとしての活動をご希望いただく場合、採用ステップにおける一次選考を免除させていただきます。

なお実際に制作いただいた動画を審査し、グランプリを発表する模様は、LIVE配信する予定です。審査員には北海道日本ハムファイターズなどで活躍し、今は自身のYouTubeチャンネルでも活動をされている元プロ野球選手 森本 稀哲氏のほか、2名が参加いたします。ぜひ新たな動画クリエイター誕生の瞬間にぜひご注目ください。



「パーソル パ・リーグTV 野球動画クリエイター選手権」概要

・内容:「ファンを熱狂させる野球動画」をテーマとした動画企画を募集
企画選考通過者には、2020年パ・リーグ主催試合の映像データを提供し、動画を制作いただきます

・対象:動画編集スキルを有する方(チーム参加の場合、1名以上が動画編集スキルを有すること)
 ※参加者の年齢・居住地域は問いません。
 ※未成年者の場合、保護者の同意が必要となります。
 ※チーム参加の場合、最大3名までのチーム構成を参加条件としています。

・スケジュール
-企画公募期間 :2020年9月4日(金)〜2020年9月14日(月)
-選考企画発表 :2020年9月18日(金)
-動画作成期間 :2020年9月19日(土)〜2020年9月30日(水)
-制作動画公開 :2020年10月2日(金)より
-グランプリ発表イベント :2020年10月17日(土)19:00〜オンライン開催予定

・参加方法、その他注意事項:以下サイトをご確認ください
https://lp.techplay.jp/plm/

・審査員
[画像2: https://prtimes.jp/i/19259/96/resize/d19259-96-165217-1.jpg ]

-森本 稀哲(元プロ野球選手 / 講演家 / 野球解説者)

高校野球の名門・帝京高校の主将として甲子園に出場。1999年ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年には1番レフトとして活躍、チームを日本一へと導く。その後、2011年横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年、埼玉西武ライオンズへテスト入団。2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。
通算成績は、1272試合、3497打数904安打、33本塁打、521得点、267打点、106盗塁、打率.259。2006年、2007年はパ・リーグ最多得点。2006年から2008年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、2007年ベストナインに選ばれる。
現在は、野球解説やタレントとしてテレビ・ラジオ出演のほか、講演活動も行っている。


【イベント開催にあたり森本 稀哲氏からのコメント】
参加される動画クリエイターのみなさんが、プロ野球の試合映像をどのように編集してくださるのか、楽しみです。新しいアイディアの野球動画を見れることを心待ちにしています!


-伊納 達也(映像クリエイター / 株式会社inaho代表)
-佐々木 将之(パシフィックリーグマーケティング株式会社 執行役員 メディア事業本部 本部長)

PR TIMES

「パ・リーグ」をもっと詳しく

「パ・リーグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ