玄武岩繊維市場ーフォーム別(連続および離散)、最終用途産業別(建設・インフラストラクチャ、自動車・輸送、電気・電子など)、使用法別(複合、非複合)、および地域別ー世界的な予測2030年

9月4日(土)9時46分 PR TIMES

SDKI Inc.は、「玄武岩繊維市場ー世界的な予測2030年」新レポートを 2021年09月03日に発刊しました。この調査には、玄武岩繊維市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106699

玄武岩繊維市場は、2022年に283.7百万米ドルの市場価値から、2030年までに619.3百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に11.8%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1056/resize/d72515-1056-b9f795149d326de69da3-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/basalt-fiber-market/106699

玄武岩繊維は、海洋、自動車・輸送、電気・電子、建設・インフラ、風力エネルギーなどのさまざまな産業で使用されています。これは、非腐食性、耐熱・耐火性、高い機械的強度など、さまざまな特性を発揮します。玄武岩繊維が提供する優れた特性は、最終用途産業での使用を可能にしています。これは、予測期間中に玄武岩繊維市場の成長を推進しています。環境にやさしい特性、コンクリートとの良好な適合性、および高濃度での混合の容易さのために、玄武岩繊維は建設・インフラ産業でますます人気が高まっています。玄武岩繊維は機械的強度が高く、過酷な環境での建設に必要です。これらは、他のすべての耐アルカリ性繊維よりも大幅に安価です。玄武岩繊維市場全体では、連続玄武岩繊維がより大きなシェアを保持しています。この急速な拡大は、主に建設・インフラセクターからの需要の増加によるものです。連続玄武岩繊維には、効率の向上、引張強度の向上、優れた機械的特性などの利点があります。

玄武岩繊維市場セグメント

玄武岩繊維市場は、フォーム別(連続玄武岩繊維および離散玄武岩繊維)、最終用途産業別(建設・インフラストラクチャ、自動車・輸送、電気・電子、海洋、風力エネルギー)、使用法別(複合、非複合)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

連続玄武岩繊維セグメントは、価値と量の面で、玄武岩繊維市場で最大のシェアを占めました。

連続玄武岩繊維セグメントは、2018年に世界の玄武岩繊維市場を支配しました。連続玄武岩繊維は、優れた効率、高い引張強度、優れた機械的特性などの特性を備えています。また、これらの繊維は環境にやさしいため、補強ネット、パイプ、コンテナ、電気絶縁材料、玄武岩プラスチック製品など、さまざまな用途に適しています。さらに、それらは鋼よりも高い強度を提供するため、建設業界で好まれる材料となっています。これらの要因は、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

玄武岩繊維市場の地域概要

玄武岩繊維市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域の玄武岩繊維市場は、2022ー2030年の間に最大なCAGRを記録すると予測されています。この地域には、玄武岩繊維とその製品の多くのメーカーが存在します。中国は世界の玄武岩繊維市場の主要なシェアを占めており、予測期間中に最大なCAGRを登録すると予想されます。玄武岩繊維の生産に関する中国の製造業者の間の意識の高まり、および環境に優しく高性能な材料に対する需要の高まりが、中国の玄武岩繊維市場の成長を牽引しています。また、原材料の低コストと政府の規制の緩和により、この国の市場の成長が牽引されています。

玄武岩繊維市場の主要なキープレーヤー

玄武岩繊維市場の主要なキープレーヤーには、Kamenny Vek(ロシア)、Mafic SA(アイルランド)、Zhejiang GBF Basalt Fiber Co. Ltd(中国)、Technobasalt-Invest LLC(ウクライナ)、Russian Basalt(ロシア)、Sudaglass Basalt Fiber Technology(米国)、Isomatex(ベルギー)などがあります。この調査には、玄武岩繊維市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106699

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

PR TIMES

「繊維」をもっと詳しく

「繊維」のニュース

「繊維」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ