「マスゴミ批判」だけでは何も変わらない

9月5日(水)9時15分 プレジデント社

1989年1月、首相官邸での記者会見で新元号「平成」を発表する小渕恵三官房長官(当時)。(写真=時事通信フォト)

写真を拡大

今上陛下の「退位宣言」によって、来年4月30日に終わることになった「平成」という時代。バブル崩壊や湾岸戦争とともに幕開けし、ネットにおける左右対立の激化の中で終わろうとしているこの30年間は、振り返ればどんな時代だったのか。作家で近現代史研究者の辻田真佐憲氏は、「一言で言えば、アンチばかりの時代」と語る。政治学者の藤井達夫氏とともに読み解く、「平成」であらわになった日本社会の問題とは——。

※本稿は、藤井達夫『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』(イースト新書)の一部を再編集したものです。




1989年1月、首相官邸での記者会見で新元号「平成」を発表する小渕恵三官房長官(当時)。(写真=時事通信フォト)

■平成を前半と後半に分けてみる


【藤井】辻田さんは著書に『日本の軍歌』『大本営発表』(幻冬舎新書)や『空気の検閲』(光文社新書)などがあり、戦前の文化と政治との関係について意欲的に研究されていらっしゃいますよね。辻田さんは「平成」の時代をどう捉えていますか。


【辻田】一言でいえば、アンチばかりの時代でしょうか。「平成の終わり」といっても単に天皇が老齢で譲位するだけですから、時代の区切りとしてそれほど大きな意味はありません。とはいえ、平成を前半と後半とに分けてみると面白いことがわかります。


まず平成前半では、バブル崩壊と湾岸戦争がほぼ同時期です。その後、Google(1998年)と2ちゃんねる(1999年)が誕生しました。2001年にはアメリカ同時多発テロが起きます。2002年にはネット右翼が生まれるきっかけとされる日韓ワールドカップが開催され、拉致問題に関して日朝首脳会談があった。この年にはいわゆる「ゆとり教育」も始まりますね。


2003年には六本木ヒルズがオープンし、イラク戦争が起こる。国内外でさまざまな変化があり、昭和の価値観を引きずりつつも、そのままでは通用しないことが明らかになったのが平成の前半です。いわば「昭和の継続と限界」でした。


【藤井】冷戦の終結により国際状況も外交関係もガラッと変わり、国内の政治では改革の機運が高まった時期です。ワールドカップに熱狂する若者の姿から「ぷちナショナリズム」という言葉も生まれました。今のネット右翼の萌芽がこのころ見られたともいわれます。


【辻田】平成的な要素が顕在化してくるのは後半で、マスコミ批判やネット右翼が目立ちはじめます。2004年にはチャンネル桜、2006年には在日特権を許さない市民の会(在特会)が設立されます。メディアとの関係でいえば「マスゴミ」という言葉が出てきます。「マスゴミ」という言葉自体は昭和から使われていたんですが……。



【藤井】すでにマスコミを蔑視する言葉が昭和の時代からあったわけですか。


【辻田】ただ、「マスゴミ」が本のタイトルになるなど、広く使われはじめるのは平成の後半ですね。例えば2008年に『マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか』、2009年には『マスゴミ崩壊』といったタイトルの本が出版されています。


1993年の椿事件(編集部注:民放テレビ局において放送法に違反する政治的偏向報道が疑われた事件)や、2001年の田中康夫「脱・記者クラブ宣言」(編集部注:当時長野県知事を務めていた田中康夫氏が行った、県内の記者クラブから記者室と記者会見の主催権を取り上げ、今後は県主催で誰もが参加可能な会見を開くとした宣言)もあったとはいえ、マスコミが強烈に叩かれるようになったのは、ネットの普及があったからでしょう。2005年にYouTube、2007年にニコニコ動画など、動画メディアも誕生します。


■右も左も「昭和の残滓」を攻撃している


【辻田】平成の前半は昭和の遺物が精算されていた時代です。銀行さえ潰れました。1997年の山一證券自主廃業の記者会見は印象的でした。しかし、その時期にもマスコミは地上波を独占するなど、続・昭和の状態を続けていたのです。そのため、他の業界は苦しい改革をしたのに……と、マスコミの既得権が目立つようになってしまった。平成の後半に残った昭和の遺物だから、マスコミは攻撃されているのではないでしょうか。


【藤井】面白い観点ですね。平成の前半ではネオリベ的な政策を導入した小泉・竹中路線があり、昭和的なものを改革していきました。改革の中で普通の人たちの生活は苦しくなっていったのに、「あいつら(マスコミ)だけ改革されずに既得権益を守っている」というルサンチマンが平成の後半に爆発したということですね。


【辻田】安倍政権が今打ち出している「美しい国」もまさに昭和の遺物ですよね。彼らがいう「美しい国」はどの時代を指しているのかわからない。戦前なのか、高度経済成長期なのか。どちらにせよ、今の社会状況の中で完全に復活させることは不可能なので、彼らも具体的に指定できないのでしょう。だから「反マスコミ」「反朝日」といったアンチになり、共同体をぼんやりと浮かばせることしかできないのです。


【藤井】なるほど、平成の右翼も左翼も現在のところ、同じものを攻撃していて、それが昭和の残滓なんですね。右翼はマスコミを批判し、左翼は安倍的な「美しい国」の国家主義を批判している。平成の左右両陣営からの攻撃の対象になっているのは、「昭和」であると。


【辻田】ある種の「昭和」攻撃です。ただ、昭和を否定した先に大したものは何もなかった。結果的に平成はアンチばかりで、残念ながら、政治的にはあまりポジティブな時代ではなかったように思っています。



小林よしのり『戦争論』と左翼の欺瞞


【藤井】アンチ左翼の印象的な動きとしては、1998年に発売された小林よしのり氏の『戦争論』が挙げられますよね。ベストセラーになり、東大早慶の大学生協にもずらっと並んでいました。小林氏を見ていると、平成の保守主義がどう変わったのかがよくわかります。彼は戦後民主主義が欺瞞であると批判していました。


【辻田】当時はリベラルが強く、取りあえず反権力的なことをいっておけばいい空気がメディアにありました。それも、戦後しばらくは戦争の苦い経験があり、歴史的な根拠もありましたが、長く続くうちに「言論界で認めてもらうため」の発言に陥っていった。そんな戦後リベラルへの失望もあるでしょう。


【藤井】戦後リベラルあるいは戦後民主主義といってもよい、それらは生活保守主義と切り離せません。戦後民主主義の原点である、反戦平和主義にしても、イデオロギー的なものというよりは、もとは多くの人にとって戦争は嫌なものであり、自分の生活の安全を維持したいという生活保守主義と考えてよいでしょう。


それに対して、平成の時代、すなわちネオリベ化した時代にアップデートされたリベラルは、生活の安全を求める庶民の欲求や関心、その生活保守主義に対して冷淡であった。いや、それだけでなく、そうした欲求や関心を踏みにじる言説、本書では「自己責任論」として言及したネオリベラリズムの統治を促進する言説に加担することさえあった。こうした態度は、リベラル特有のエリート主義臭として忌み嫌われているわけですが、それはともかく、平成のリベラルは、生活保守主義に背を向けがちだったように思われます。


そこにつけ込む形で、一部のネット右翼は「外国人が自分たちの生活を脅かしていて、それを守るためにやっている。日本で孤独死する人が生活保護を受けられないのに、外国人が受けているのはおかしい」と主張しています。この主張が事実かどうかは別として、ある種の生活保守主義に基づいた訴えかけであることは確かです。


【辻田】雇用が安定しているときは、労働組合も重要な役割を果たしたのかもしれませんが、自分たちの雇用を守るために若年層の派遣労働や非正規雇用に同意してしまいました。生活の苦しい若者から見ると、左翼は「高齢者の既得権益集団」のように見えるでしょう。いっていることとやっていることが違うといわれたら反論できません。



【藤井】アメリカ大統領選でヒラリー・クリントンが批判されたのも、彼女が恵まれた人間だからです。教育もあり、夫が元大統領だった。つまり、彼女は既存のエリートなわけで、リベラルというのは、欺瞞なんじゃないかと批判されました。リベラルの欺瞞を指摘するのは、世界的な傾向なのだと思います。




藤井達夫『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』(イースト新書)

【辻田】左翼の欺瞞に気が付いたからトランプに投票したとしても、あっちはただの大富豪です。「自己責任」と切り捨てられるだけで、助けてくれるわけではない。


日本の場合は、『戦争論』だけではなく、ネット文化との両輪でネット右翼が生まれたと考えています。それまで政治を語るのはめんどくさいことで、直接人と会わないといけませんでした。しかし『戦争論』を読んだ人が、すぐに匿名で2ちゃんねるに書き込めるようになりました。人に会わずとも意見できるようになったのです。


右派団体を見ても、1997年にできた日本会議は家族主義などの面で昭和的な価値観が濃厚でした。これに対し、『戦争論』と2ちゃんねる誕生後に、チャンネル桜や、在特会といった平成的な右派団体が出てきます。


【藤井】今の小林よしのり氏はネット右翼に対しても安倍政権に対しても批判的ですよね。


【辻田】戦後リベラルの欺瞞は一貫して批判していると思いますよ。ただ小林さんはメディアの中でマジョリティに対してあえて反対のことをいう立場です。ネット右翼が強くなったら、それを叩くのは当たり前で、ある意味では一貫しているのだと思います。


■継承されなかったオールド右翼の「寛容」


【藤井】平成の時代の右翼の残念なところは、一方で生活保守的な論点を提起するそぶりを見せつつも、結局はマイノリティーの強者ではなく、マイノリティーの弱者叩きに回った点です。ネット右翼は、生活保護受給者を叩き、在日コリアンへのヘイトスピーチを増幅させました。過去にさかのぼるなら右翼は必ずしも弱者・貧者叩きをしませんでしたよね。戦前の右翼にはアジア主義もあったわけで。でもそうした感覚が平成の右翼にはない。


【辻田】右翼には在日コリアンの人も多かったですし、全部ではないにせよ、社会から少しずれた人も包摂する寛容なところがありました。アジア主義も戦前は基本的に邪魔者扱いで、国策になったのは戦中の一時期の話です。そういった意味で右派の歴史がうまく継承されていないと感じています。



【藤井】彼らの「愛国」が本当に国家を大切に思っているのかどうか疑問です。靖国でコスプレをしている人たちに対して、ある種ファッション的なものを感じます。昭和には「ファッション左翼」という言葉がありましたが、まさに「ファッション右翼」です。


国家を真剣に考えるのであれば、もっと日本の歴史を勉強するでしょう。そうなると今の安倍首相がいっている「美しい国」がめちゃくちゃであることに気が付きますよね。


【辻田】新しい「美しい国」をつくるのならともかく「取り戻す」といっています。なにか取り戻す対象があるらしいのですが、それが具体的になんなのかはわからない。それが露呈したのが森友学園の事件です。あの「教育勅語」や「御真影」の扱い方を見ていると、戦前でもなんでもない、ただの愛国コスプレです。それを保守系の論者だといわれている人たちが推薦していた。結局「ビジネス右翼」なのだと思います。


■ネットと結びついた現在の右翼


【藤井】戦中、戦後を見てもビジネスと右翼のつながりは強いですよね。現在の状況だけを見ていると、素朴に日本が好きな気持ちがあるのではなく、愛国心をビジネスの道具として使っているのではないか? と感じてしまいます。ビジネスと右翼はどう関係しているのでしょうか。


【辻田】戦前の右翼は反体制的なところがありました。たびたび政治家や経済人を殺害していますしね。時に帝国主義に反対し、アジア主義を唱えていた。ですが戦後の右翼は基本的に親米で、体制と結びつきます。彼らはフィクサーのような存在であまり表舞台に出てきませんでした。現在の右翼はネットに結びついている。みんな会員制交流サイト(SNS)をやっていて、ネットで動員をかける。ビジネスと右翼の結びつきは変わっていると思います。


【藤井】ネット右翼と呼ばれる人たちは、行動する右派からYouTubeで小銭を稼ぐ人、ネット・リテラシーがまったくなく、フェイクニュースをうのみにしてしまう人たちまで、さまざまです。その意味で、ネット右翼は、空虚な記号といえるでしょうね。空虚な記号であるがゆえに、動員力があるのかもしれません。


----------


藤井達夫(ふじい・たつお)

政治学者

1973年岐阜県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科政治学専攻博士後期課程退学(単位取得)。現在、同大学院ほかで非常勤講師として教鞭をとる。近年の研究の関心は、現代民主主義理論。共著に『公共性の政治理論』(ナカニシヤ出版)、共役に『熟議民主主義ハンドブック』(現代人文社)など。

辻田真佐憲(つじた・まさのり)

作家・近現代史研究者

1984年大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒、同大学院文学研究科中退。現在、政治と文化芸術の関係を主な執筆テーマとしている。著書に『空気の検閲』(光文社新書)、『文部省の研究』(文春新書)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)など多数。

----------



(政治学者 藤井 達夫、作家・近現代史研究者 辻田 真佐憲 写真=時事通信フォト)

プレジデント社

「批判」をもっと詳しく

「批判」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ