日常のバックパックとしても使える汎用型カメラバッグ「Thule EnRoute Camera Backpack」発売!

9月5日(木)15時40分 PR TIMES

ゼット株式会社(本社/大阪市天王寺区、代表取締役社長/渡辺裕之)が取り扱う『THULE(スーリー)』ブランドは、日常のバックパックとしても使える汎用型カメラバッグ「Thule EnRoute Camera Backpack」発売しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-507968-0.jpg ]

「Thule EnRoute Camera Backpack」は、SafeZoneコンパートメントを備えるジッパー開口式の20Lと、マグネット式ロールトップを備えた25Lの2サイズそろえた、カメラバッグらしくないカジュアルなデザインのカメラバッグです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-856865-1.jpg ]

カメラ収納部はサイドアクセス方式。レンズ付きミラーレスカメラ+アクセサリー、またはレンズ付きフルサイズ一眼レフカメラ1台の収納に適したカメラ収納ポッドは、取り出してカメラケースとして使用することも可能。ポッドを取り出した後、本体は一気室の通常のバックパックとしても使用できます。
もう一方の側面にはジッパー付きサイドポケットを配し、三脚やボトルの収納が可能です。
人間工学に基づく快適な背負い心地のショルダーハーネスとバックパネル、スーツケースに固定可能なパススルーパネルも搭載し、長距離の移動を伴う撮影にも最適。
PC収納用のパッド付専用ポケットはそれぞれ13"(20L)と15.6"(25L)に対応。
カラーはブラックとダークフォレスト(グリーン)の2色で展開。

Thule EnRoute Camera Backpack
20L/本体価格¥15,000+税
25L/本体価格¥18,000+税
[画像3: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-910177-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-845217-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-888301-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-750585-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-725723-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/17505/21/resize/d17505-21-564871-7.jpg ]

【THULEについて】
1942年にスウェーデンで創業した『THULE』は、コーポレートスローガン「Bring your life」を掲げ、カーキャリアから本格的なアウトドアバックパック、デイパック、トラベルラゲッジ、ベビーカーまで、簡単、安全、スタイリッシュに物を運ぶ為の多岐にわたる製品を展開しています。
カーキャリア分野においては世界最大の規模を誇り、140カ国以上で愛されているグローバルプレミアムブランドです。
ハイセンスなデザインと機能性の両立、単純に物を運ぶソリューションを提供するだけではなく、アクティブなライフスタイルを喚起提唱し、それらを実現するための製品供給をモットーとしています。

【消費者・読者からのお問い合わせ先】
ゼット株式会社 お客様相談センター
フリーダイヤル:0120‐276‐010(携帯・PHS OK)
E‐MAIL:custinfo@zett.co.jp
WEB:https://zett.jp/thule/

PR TIMES

「日常」をもっと詳しく

「日常」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ