「世界少年野球大会」で日本代表が世界一を達成。伊藤櫂人選手(チームセノビル)が大会MVPを獲得

9月6日(金)16時0分 ドリームニュース

2019年8月2日〜8月7日に、イタリア・ローマで開催された15歳以下の少年野球の世界大会「第38回世界少年野球大会」において、日本代表チームが優勝し、日本代表として出場したチームセノビルメンバーの伊藤櫂人選手(中3・西濃ボーイズ/岐阜)が今大会の最優秀選手(MVP)に選ばれました。

「世界少年野球大会」には中学生の硬式野球リーグである日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)が代表チームを派遣しており、今年は約2万人の選手の中から選抜された18名の選手が日本代表として出場。伊藤選手は、5月に開催されたボーイズリーグ中日本ブロックでの世界大会への代表メンバーを選出するトライアウト(選考会)にてその実力を高く評価され、中日本ブロック代表として日本代表メンバーに選出されました。
また、伊藤選手は今大会で日本代表チームのキャプテンに指名され、周囲の大きな期待を背に大会へと臨みました。
今大会では世界各国・各地域から12のチームが出場し、日本代表チームは予選リーグ5戦を全勝して決勝リーグに進出。準決勝ではメキシコ代表に9−0、決勝では米・アラメダチームに7−1で勝利し、世界大会という大舞台で2年ぶり・22度目の優勝を果たしました。

■大会通算本塁打2本・MVP選出。日本代表キャプテンとして実力を遺憾なく発揮した伊藤選手
今大会では規定により日本国内の試合で使用しているバットが使えず、低反発性の打球が伸びにくいバットの使用を余儀なくされた中で、伊藤選手は大会全試合を通じて本塁打2本、二塁打4本を記録しその実力を大いに発揮。特に決勝では3ランホームランを放ち、チームの優勝に大きく貢献し、今大会のMVPに選ばれるという素晴らしい結果を残しました。
現在中学3年生の伊藤選手は、所属する岐阜県の少年野球チーム「西濃ボーイズ」を今シーズンで卒業となりますが、来年からの高校野球でどんな活躍を見せてくれるのか、非常に期待が高まります。
Senobiruでは今後も引き続き、伊藤櫂人選手の活躍を応援・サポートして参ります。

■子どもたちの未来をサポートする「Senobiru」/株式会社エメトレ
株式会社エメトレは、「未来を担う子どもたちの育成に貢献する」というスローガンのもと、成長期のお子さまをサポートするサプリメントブランド「Senobiru」を展開しています。
「Senobiru」では、成長期に特に必要な栄養素であるアルギニンを高配合した「Dr.Senobiru」などのサプリメント販売に留まらず、プロスポーツチームやジュニアアカデミーのスポンサードや、ジュニアアスリートの夢の実現をサポートするプログラム「チームセノビル」を通して、夢を持った子どもたちが、世界に向かって飛躍できるよう、様々な支援活動を行っています。

■未来のトップアスリートを応援するプログラム「チームセノビル」とは?
株式会社エメトレが、ジュニアアスリートの夢の実現を応援するプログラムです。
伊藤選手をはじめ、未来のオリンピック代表選手やプロアスリートを目指す子どもたちの夢の実現を、サプリメントの提供やプロモーション支援・選手のコミュニティ作りなどを通してサポートしています。

【セノビル公式ページ】
伊藤櫂人選手
https://senobiru.com/sponsor/team-senobiru/kaito-ito/


配信元企業:株式会社エメトレ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ