渋谷を拠点に12日間「都市回遊型イベント」 トークセッションなど50超のプログラム

9月6日(金)15時0分 J-CASTニュース

元ラグビー日本代表選手の齊藤祐也氏によるミートアップイベントも

写真を拡大

2019年9月11日〜22日の12日間、東京の渋谷・原宿・表参道エリアのイベントスペースなどで都市回遊型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019(以下、SIW)」が開催される。

今年で2年目を迎える本イベントのテーマは「NEW RULES.〜新しい価値観〜」。(1) Learning、(2) Networking、(3) Experience、の3つのアクティビティから成り、さまざまなジャンルのトークセッションやワークショップ、音楽フェス、コンテストといった体験型コンテンツなど、50以上のプログラムを展開する。



「地域連携プログラム」を充実させたラインアップ


「Learning」では9月15日〜22日の期間でトークセッション「DIVE DIVERSITY SESSION」を行う。ラインアップは、スポーツやアート、「企業家精神」と訳される「アントレプレナーシップ」などだ。発表資料によると「地域連携プログラム」を充実させているという。



例えば、「インターネットの父」と呼ばれる慶應義塾大学環境情報学部の村井純教授は「インターネット文明と渋谷革命」、フルマラソン出場経験のあるモデル・出岡美咲さんは「北極マラソンチャレンジからの学び」、京都市長の門川大作氏は「京都×渋谷 持続可能なまちづくり」といった切り口で、それぞれ講演する。



「Networking」では参加者同士が自由に交流できる機会を提供。立場や組織の枠組みを超えて知識や技術、考えを結集させ、新しいサービスやビジネスモデル創出につながるきっかけを生み出すことが狙いだ。「Experience」では元ラグビー日本代表選手の齊藤祐也さんによる、地域とスポーツをテーマにしたミートアップイベントや、タレントの若槻千夏さんの体験イベント「クマタンとうんちまつり」など、子どもから大人まで好奇心を刺激するプログラムを予定している。渋谷区長の長谷部健氏は、



「常識も価値もどんどん変わってきている今、これまでの当たり前に縛られてばかりではなく、"新たなルール"を作ってトライしていくことも大事だと感じています」


とメッセージを寄せており、楽しみながら気軽にイベントに参加してほしいと呼びかけた。



現在、「Peatix(ピーティックス) 」と「e+(イープラス)」で「通し券」と「1日券」を発売中だ。「通し券」は期間中の全「DIVE DIVERSITY SESSION」に、「1日券」はいずれか1日の「DIVE DIVERSITY SESSION」に参加できる。「1日券」は申し込み種別がなく、一律税込み7500円だが、「通し券」は渋谷区民割や学割が適用される。高校生以下は無料だ。



J-CASTニュース

「都市」をもっと詳しく

「都市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ