【JAF愛媛】高齢者ドライバー向け運転教室「シニアドライバーズスクール」を開催いたします

9月5日(木)23時40分 PR TIMES

 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)愛媛支部(支部長 岡 豊)は、2019年9月21日(土)に愛媛県運転免許センター(松山市勝岡町)で「シニアドライバーズスクール」を開催いたします。「秋の全国交通安全運動(9月21日〜30日)」の期間中のため、高齢者ドライバーに自らの運転を振り返り、安全運転を考えるきっかけを提供することが目的です。


シニアドライバーズスクール 開催内容

名称:シニアドライバーズスクール
日時:2019年9月21日(土)
   9:00〜13:00
場所:愛媛県運転免許センター
   松山市勝岡町1163-7
主催:JAF愛媛支部
   (一社)日本自動車工業会
   (一社)全日本交通安全協会
後援:愛媛県警察
協賛:(一社)愛媛県交通安全協会
協力:トヨタカローラ愛媛(株)
   (サポカー講習担当)
人数:20人・20台(予定)
写真:昨年の取材の様子

[画像1: https://prtimes.jp/i/10088/2730/resize/d10088-2730-522060-2.jpg ]




1. 日常点検の方法

 エンジンの周辺やタイヤなどの点検を行うことで、乗車前から安全運転に備えることができると共に、エコドライブにもつながるメリットがあることをお伝えします。(写真:昨年の様子)

[画像2: https://prtimes.jp/i/10088/2730/resize/d10088-2730-819287-0.jpg ]




2. 運転姿勢と車の死角

 運転姿勢を正しく整えることで「運転しやすい・疲れにくい・怪我しにくい」というメリットがあることをお伝えします。また、運転席から見える部分・見えない部分を知って「見る努力・見られる努力」が重要であることをお伝えします。


3. 多段階停止のコツ

 交通事故の多くは「出会い頭」で発生していることから、見通しの悪い交差点を模して、安全な多段階停止のコツをお伝えします。また、受講者には歩行者・運転者それぞれの目線で体験してもらいます。


4. スラローム走行体験

 正しい運転姿勢とハンドル操作を実践することで、車幅感覚と内輪差(前輪より後輪が内側を通る軌跡の差)をお伝えします。


5. 反射材の効果体験

 秋から冬にかけて日照時間が短くなり、視認性が悪くなる季節に入ります。歩行者が反射材を装着することで、運転者からいち早く発見してもらえるようになる効果をお伝えします。また、秋の全国交通安全運動のスローガン「左右確認!早めのライトと反射材」もお伝えします。


6. 急ブレーキ体験

 ABSが瞬時に作動するような急制動を習得して、緊急時に備えられるようにお伝えします。また、空走距離(危険要素を認知して、判断・操作に移るまでの時間と距離)を知ることで車間距離の重要性をお伝えします。(

写真:昨年の様子)

[画像3: https://prtimes.jp/i/10088/2730/resize/d10088-2730-698079-1.jpg ]




7. サポカー講習

 先進安全自動車の機能(衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い防止装置など)をCG等でお伝えしたあと、実車に同乗して体験もしていただく予定です。

※内容は、天候などの諸事情で変更されることがありますのでご了承ください

PR TIMES

「ドライバー」をもっと詳しく

「ドライバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ