マツダ「ロードスター」限定メディア4耐レースにトヨタ社長が参戦 「以前から興味あった」とMORIZOスマイルを見せる

9月7日(土)16時21分 ねとらぼ

ロードスターに乗り込んだレーシングスーツ姿の豊田章男社長

写真を拡大

 2019年9月7日、つくばサーキットで開催された第30回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(特別協賛:マツダ)に、トヨタ自動車の代表取締役社長・豊田章男さんが参戦。第1ドライバー・MORIZOとして、チームマシンであるロードスターのハンドルを握りました。
 このメディア対抗4時間耐久レースは、自動車メディアの中の人たちがマツダ ロードスターを使って繰り広げる毎年恒例の企画レースとなっており、今回で30周年を迎えます。
 レース開催に先駆けて、現地では記念セレモニーが行われ、登壇した豊田社長は「30年も続けている。これは大変なこと」とイベントを称賛。ロードスターで繰り広げられるレースについては「以前から興味があった」と意欲を見せましたが、「しかし、会社が違うので遠慮していた」とこれまで参加しなかった理由を明かし、会場に集まった観衆や報道陣の笑いを誘いました。
 今回参加したのはマツダ側から誘いがあったことがきっかけで、俳優・香川照之さんが編集長を務めているトヨタ自動車のオウンドメディア「トヨタイムズ」のチームとして、「断る理由はない」と参加を決めたそうです。ドライバーは他に、息子である豊田大輔さん、小倉康宏さん、佐々木雅弘さんの計4人で、チーム名は「ROOKIE RACING」となっていました。

ねとらぼ

「マツダ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「マツダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ