カルビーラブJPN企画、京都の味は『ポテトチップス 九条ねぎのおうどん味』2019年9月23日(月)発売!

9月9日(月)11時40分 PR TIMES

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、伝統的な京野菜「九条ねぎ」を使った「ねぎうどん」の味わいを再現した『ポテトチップス 九条ねぎのおうどん味』を数量限定・期間限定で2019年9月23日(月)、京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山(6府県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(11月上旬終売予定)。

[画像1: https://prtimes.jp/i/30525/254/resize/d30525-254-120335-0.jpg ]

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを、数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2019年度の第1弾となる京都の味『ポテトチップス 九条ねぎのおうどん味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、京都府庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「ちりめん山椒味」、2018年度の「しば漬味」に続く味案として、「抹茶味」「千枚漬味」等のアイデアも出されましたが、ポテトチップスとの相性や実現性を考え『九条ねぎのおうどん味』に決定しました。

【商品特長】
九条ねぎは伝統的な京野菜で、長ネギと違い青い部分が多く、他のねぎにはない「ぬめり」が存在します。また、爽やかな香りが特長で、煮て良し焼いてよしの食材です。
うどん文化の強い京都。しっかりと出汁をきかせた透き通るような薄味の京風お出汁が特長です。そんな京風うどんに京都の伝統野菜である九条ねぎをたっぷりかけた「ねぎうどん」は、京都の有名店では毎日行列ができるほどの人気商品です。
本商品は、香り高い京都府産九条ねぎと、鰹と昆布からとった京風だしの香りが楽しめるポテトチップスに仕上げました。パッケージは、京祇園の街並みを背景に、味を想起しやすいよう九条ねぎをたっぷり使ったおうどんを中央に大きく配置しています。裏面では、九条ねぎの魅力を紹介しています。

【開発担当者のコメント】
京都府産の九条ねぎパウダーを使用しました。関西の出汁の特徴を再現するために、鰹節と昆布のエキス、醤油を使用して、あっさりとした優しい出汁の味を再現しました。ワークショップの際に、京都の方は「ねぎうどん」というと生姜が少し乗ったうどんを想像すると伺ったので、隠し味に生姜の味を少し効かせました。ねぎ、出汁、生姜の味のバランスを取るのに非常に苦労しました。
ぜひ京都の味をお楽しみください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/30525/254/resize/d30525-254-765214-1.jpg ]




【商品概要】
商品名:ポテトチップス 九条ねぎのおうどん味
内容量、エネルギー:55g、304kcal
JANコード:4901330536800
価格:オープン(想定価格 税み130円前後)
発売日:2019年9月23日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:福島・青森・岩手・宮城・秋田・山形・新潟・長野
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・
海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・
神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

PR TIMES

「うどん」をもっと詳しく

「うどん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ