ライブステージでのピアノのリアルな質感とパフォーマンス性を追求したステージ・キーボードnord piano4

9月10日(月)16時0分 @Press

株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:押木正人)は、Clavia社(本社:スウェーデン ストックホルム)のステージ・キーボードNord Piano 4を2018年12月中旬に発売します。

<価格と発売日>
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/table_165533_1.jpg


<製品の概要>
「Nord Piano シリーズ」は、アーティストがライブ・パフォーマンスで求めるピアノの質感や表現力に応えるステージ・キーボードです。
このたび発売するNord Piano 4は最大同時発音数を大幅に拡大したほか、トリプル・センサー・キーボードとバーチャル・ハンマー・アクション・テクノロジーを搭載し、リアルなピアノ演奏を実現します。ライブ演奏のためのキーボードとしてシームレス・トランジション、ピアノ・フィルター、スプリット・ポイント・クロスフェードなどの新たな機能を追加したことにより、ライブステージで求められるピアノのリアルな質感とパフォーマンス性がさらに向上しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/img_165533_1.jpg

<製品の主な特長>
1.2つのセクションで構成された「サウンド・セクション」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/img_165533_2.jpg
Nord Piano 4には、ライブ演奏に欠かせない機能をコントロールするノブとボタンが搭載されています。これらを使用して、トランスポーズ、スプリット・ポイントやレイヤーなどの設定を含むプログラムが瞬時に作成できます。
また、2つの「サウンド・セクション」があり、キーボード上でレイヤーまたはスプリットを使用してこれらを組み合わせることができます。各セクションには、エフェクト、ボリューム・ペダル、サスティン・ペダルを個別に割り当てることが可能です。新たに搭載されたスプリット・ポイント・クロスフェード機能により、スプリット・ゾーン間でスムーズなトランジションを実現します。保存したプログラムは、演奏中に音切れすることなくシームレスに切り替えが可能。さらに、強化されたオーガナイズ・モードによりプログラムの並べ替えが瞬時にでき、新しいページ・ビューで、ページをソング・リストとして簡単にソートし、整理することができます。

2.大幅に機能を拡張した「ピアノ・セクション」
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/img_165533_3.jpg
「ピアノ・セクション」には、Nord Piano Library専用メモリー(1GB)、120ボイスの最大同時発音、クリエイティブな新しいピアノ・フィルターなどを搭載しています。Nord Piano Libraryには、Nordが開発した最新のサンプリング技術による、グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトリックピアノ、デジタルピアノ、クラビネット、ハープシコードといった幅広いピアノサウンドを収録しています。また、リッチでダイナミックなレイヤー音色を収録したレイヤー・カテゴリーが新たに追加されました。
Nord Piano 3で導入したNord独自のバーチャル・ハンマー・アクション・テクノロジーは、グランドピアノのハンマーの動きとタッチへの追従性を忠実に再現し、正確な鍵盤の動きを実現します。これにより、ベロシティの強弱にかかわらず、思い描いた通りのダイナミクスを反映した鍵盤の動きが可能になりました。付属のNord Triple Pedalには、サスティン・ペダルに加えて、ソフト・ペダルとソステヌート・ペダルが含まれています。さらに、ダンパーを持ち上げたり解放したりするときの機械的な音をダイナミックにシミュレートするペダル・ノイズ機能も搭載しています。

3.求めるサウンドに合わせてカスタマイズが可能な「サンプル・シンセ・セクション」
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/img_165533_4.jpg
「サンプル・シンセ・セクション」には、Nordウェブサイト(www.nordkeyboards.com)上のNord Sample Library 3.0から独占的にライセンスを受けたMellotron(メロトロン)やChamberlin(チャンベリン)を含む高音質なサウンドを豊富に収録しています。サウンドは、無償のアプリケーションNord Sound Manager(Mac/Win)を使用して、演奏するジャンルや曲調に合わせて自由に入れ替えることが可能で、アタック、ディケイ/リリース、ダイナミクス(フィルター/ベロシティ)のパラメーターのコントロールもできます。




4.自由度の高い音作りをサポートする「エフェクト・セクション」
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/img_165533_5.jpg
「エフェクト・セクション」には、瞬時に調整できる高品質なエフェクトを幅広く収録しています。これらはすべてクラシックなコンパクト・エフェクターをモデルにしたもので、各音源セクションの信号を個別に「エフェクト・セクション」に送ることが可能です。マスター・エフェクトとして搭載しているリバーブには新たにブライト・モードが追加されています。


〈製品の仕様〉
Nord Piano 4
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/img_165533_6.png
寸法 :1,287 × 340 × 121 mm
重量 :18.5kg
鍵盤 :88鍵(A - C)/ウェイテッド・ハンマー・アクション鍵盤

一般仕様
・プログラム:400(5プログラム × 5ページ × 16バンク)
・ライブ・モード:5ライブ・プログラム
・スプリット・ポイント・クロスフェードのクロスフェード・オプション:3(ラージ、スモール、オフ)
・プログラムのオーガナイズ機能
・トリプル・センサー・キーボード+バーチャル・ハンマー・アクション・テクノロジー

ピアノ・セクション
・メモリー容量:1GB ※Nord Piano Library用
・Nord Sound Manager(Mac/Win)を使用して、すべてのサウンドを入れ替え可能
・最大同時発音数:120ボイス
・アドバンスト・ストリング・レゾナンス(第2世代)はグランドピアノ、アップライトピアノで使用可能
・付属のNord Triple Pedalによるダイナミック・サスティン・ペダル・アクション

サンプル・シンセ・セクション
・メモリー容量:512MB ※Nord Sample Library用
・Nord Sound Manager(Mac/Win)を使用して、すべてのサンプルを入れ替え可能
・最大同時発音数:30ボイス以上
・アタック、ディケイ/リリース・コントロール

エフェクト
トレモロ、パン、ワウ、リング・モジュレーター、フェイザー × 2、コーラス × 2、フランジャー、ヴァイブ、チューブ・アンプ・シミュレーション、コンプレッサー、3バンド・イコライザー、ディレイ、リバーブ

▼製品情報ページ
http://www.nordkeyboards.jp/products/nord-piano-4/index.html


【この件に関する一般の方のお問い合わせ先】
株式会社ヤマハミュージックジャパン
お客様コミュニケーションセンター シンセサイザー・デジタル楽器ご相談窓口
ナビダイヤル(全国共通番号):0570-015-808
受付時間 月曜〜金曜 10:00〜17:00 (土日・祝日・センター指定定休日を除く)


▼プレスリリースファイル
https://www.atpress.ne.jp/releases/165533/att_165533_1.pdf




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ピアノ」をもっと詳しく

「ピアノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ