TYO、インタラクティブ動画技術ベンチャーのパロニムと業務提携

9月11日(火)14時1分 PR TIMES

触れるだけで情報にアクセスできる「TIG」を活用したオンライン動画広告制作で連携

株式会社ティー・ワイ・オー(本社:東京都品川区、代表取締役社長 早川和良、以下「TYO」)は、パロニム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 小林道生、以下「パロニム」)と、パロニムが独自に開発した次世代型インタラクティブ動画技術「TIG(ティグ)」を活用した広告プロモーション映像制作における連携を目的とした業務提携契約を締結いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24701/18/resize/d24701-18-960518-1.jpg ]

近年、スマートフォンを中心としたデバイスの普及や配信メディアの多様化など、メディア環境の進化に伴い、ユーザーが動画を視聴する時間は飛躍的に増加し、企業によるオンライン動画を活用した広告プロモーションの制作ニーズも高まってきております。このような背景を受け、TYOはパロニムの「TIG」を活用した広告プロモーションの受注拡大に向け、今回の業務提携を決定いたしました。

TIGは、映像内の対象物箇所に触れる(TIGる)だけで、あらかじめ埋め込まれた対象物情報をストックすることや、遷移先のWEBページにて様々な情報を入手することができます。さらに、動画を使って販売をする動画コマースでは、ユーザーの位置情報を基にした店舗へのスムーズな誘導や、動画内クーポンなどのO2O(Online to Offline)施策にも有効的に活用できます。

視聴者が求める情報に直感的且つ簡単に辿り着けるインタラクティブ動画技術は、映像やストーリー性を分断させない心地よいデザイン(UI)・ユーザー体験(UX)を特徴としており、TIGを活用した映像はデバイスを選ばず、公式サイトやSNSでの拡散が可能です。

本提携でTYOは、パロニムに映像制作分野のノウハウやリソースを提供するだけでなく、契約の代理店業務のほか、TIGを活用した新しい価値を付与したオンライン動画広告制作業務をサービスラインに加えるなど更なる業務の拡大を目指します。両社は、今後も多様化する視聴者の映像ニーズに応えるべく、オリジナルメディアの立ち上げや、新しいアドネットワークシステムの研究・開発なども進めてまいります。

【TIGの体験イメージ】
[画像2: https://prtimes.jp/i/24701/18/resize/d24701-18-441257-0.jpg ]

【各社概要】
●TYOについて
TYOは広告会社機能と制作プロダクション機能を併せ持つ、広告制作会社です。テレビCM・オンライン動画・デジタルを中心としたコンテンツを制作しており、年間広告制作数は3,000以上を誇ります。1982年の創業以降、時代と共に広告手法やコミュニケーションの在り方が変革・進化していく中で、映像制作を中心とした多様な広告制作事業を展開しています。2017年に株式会社AOI Pro.との共同持株会社「AOI TYO Holdings株式会社」を設立し、同社の完全子会社となりました。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/24701/table/18_1.jpg ]


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/24701/table/18_2.jpg ]



●パロニムについて
パロニムはTIGを独自開発したインタラクティブ動画技術ベンチャー企業です。

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/24701/table/18_3.jpg ]

PR TIMES

「業務提携」をもっと詳しく

「業務提携」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ