文教大学と足立区の工房「渡邊鞄」がコラボレーション 公式マスコットキャラクター「BUNKOの文庫カバー」販売開始

9月11日(水)4時40分 PR TIMES

 2021年4月、東京都足立区に東京あだちキャンパスを開設する文教大学は、足立区千住の工房「渡邊鞄」とコラボレーションして、オリジナルブックカバーを製作しました。文教大学公式マスコットキャラクター「BUNKO」がデザインされており、9月11日(水)から販売します。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/43752/table/19_1.jpg ]



 「渡邊鞄」は、着物にも洋服にも似合う粋なバッグをつくっています。ひとつひとつ手で作り、天然素材である革や布を使っており、素材選びから丁寧に、真心を込めて製作している工房です。
 文教大学が2021年4月に東京あだちキャンパスを開設するにあたり、開設前から地元と連携し地元を盛り上げたいと考え、足立区の工房「渡邊鞄」にお声がけしてコラボレーションが実現しました。オリジナルブックカバーは、文教大学がデザインを考え、「渡邊鞄」が素材選びと製作を行いました。レッド、ネイビー、カーキの3色展開で、デザインしている大学公式マスコットキャラクター「BUNKO」は、2016年に大学50周年記念事業の一環として、公募により誕生した文教大学卒業生がデザインしたキャラクターです。

 ◆ BUNKOブックカバー 1,980円(税込)
[画像: https://prtimes.jp/i/43752/19/resize/d43752-19-293242-0.jpg ]

 ブックカバーは、2019年9月11日(水)から販売します。各キャンパスの購買部で購入できるほか、郵送による販売も行います。ご希望の方は、各キャンパス購買部(越谷キャンパス:048-977-0707、湘南キャンパス:0467-51-7356、旗の台キャンパス:03-3781-7845)までお問い合わせください。

PR TIMES

「足立区」をもっと詳しく

「足立区」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ