HyperX、東京ゲームショウで新しい周辺機器のフルラインナップを発表 ブランドの原点であるゲーミングへの情熱はそのままに、新たな未来に向けて躍進を続ける

9月12日(木)17時30分 ドリームニュース

東京、2019年9月12日 - Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperX(R)は、本日開催の東京ゲームショウで、日本の新時代の幕開けに合わせて新しいPC周辺機器のシリーズを発表し、この新しい門出を祝いました。今回導入されたのは、ゲーミングヘッドセットのラインナップに新しく加わったCloud Alpha Sの他、HyperX Pulsefire DartワイヤレスゲーミングマウスやHyperX ChargePlay Base Qiワイヤレス充電器を含めたQi認証のワイヤレス充電製品シリーズなどがあります。関連製品はすべて、Amazon Japanで限定プレオーダー受付中です。

・ HyperX Cloud Alpha Sゲーミングヘッドセット:新しいCloud Alpha Sは調整可能な低音域スライダーを備えているため、低音を3段階で微調整できます。また、カスタムチューニングされたオーディオコントロールボックスとHyperX 7.1サラウンドサウンド6を搭載しています。ゲームとチャットの音声バランスを制御でき、それぞれの音量を個別に調整できます。Cloud Alpha Sはデュアルチャンバーテクノロジーを搭載し、驚くほど広い音域と音質によりゲームサウンドを忠実に再現します。 デュアルチャンバーは低音域を中音域と高音域から分け、ゲーム、音楽、映画に没入できる、より現実的でダイナミックなサウンドを生み出します。Cloud Alpha Sは、東京ゲームショウのHyperXブースで展示されます。また、Amazon Japanで¥14,980で限定プレオーダー受付中です。

・HyperX Pulsefire Dartワイヤレスゲーミングマウス:HyperXでは、ゲームに関して究極的な自由と利便性をゲーマーの皆さまにお届けしたいと考えています。その一例が成長を続けるワイヤレス充電器のエコシステムです。HyperX初のワイヤレスゲーミングマウスであるPulsefire Dartは、2.4 GHzのワイヤレス周波数で動作し、Pixart 3389センサー、3種類のプリセットされたDPI設定とLEDインジケーター(800/1600/3200)、および最大16000 DPIまでのネイティブDPI設定を利用します。Omron社製スイッチを使用した左右のマウスクリックボタンは個別にデザインされており、高速応答時間とスイッチごとに5000万回のクリック耐性を誇ります。RGBライト効果の高度なカスタマイズ機能、6つのプログラムを設定できるボタンとマクロが、HyperX NGENUITYソフトウェアを使用して自由に設定できます。Pulsefire DartはQi認証ワイヤレス充電器3 と互換性があり、1回の充電で最大50時間という駆動時間の長さが特徴です。4 Pulsefire Dartは東京ゲームショウのHyperXブースで展示されます。また、Amazon Japanで¥12,980で限定プレオーダー受付中です。

・HyperX ChargePlay Base Qiワイヤレス充電器:HyperX ChargePlay Baseはマルチデバイス対応のワイヤレス充電器であり、充電パッドあたり定格10ワットのQi規格準拠デバイスを、2台同時に充電できます。5ChargePlay Baseには個別のバッテリーインジケーターディスプレイがあるため、デバイスの充電状況を簡単に監視できます。ChargePlay Baseは、東京ゲームショウのHyperXブースで展示されます。また、Amazon Japanで¥6,980で限定プレオーダー受付中です。

周辺機器の製品ラインナップは刷新されましたが、HyperXの考え方は変わりません。すべてをゲーマーのニーズを考慮して設計し、構築し、微調整すること。最終的な目標は、ゲーマーのゲーミング体験を改善し、誰もがゲームを心から楽しめるようにすることです。これはすべてのゲーマーの原点であると言えます。

ブランドのテーマである「原点」を反映するように、2016年から始まったグローバルブランドアンバサダー第1号である梅原大吾さんと、eスポーツチームScarzに所属する有名ストリーマーであるみったんさんをお招きし、それぞれの原点とゲーマーへの歩みをお話しいただきます。大吾さんとみったんさんは世代も異なり、プレイするゲームの種類も方法も異なりますが、実は同じ原点からスタートしています。それは、ゲームに対する純粋な情熱です。

9月14日と15日の一般公開日に向けて、HyperXではさまざまなアクティビティ、抽選会、オンラインでのプロモーションを計画しています。さらに、大吾さん、ボンちゃんさん、Scarz、さらにはストリーマーのマイマイさん、日本人モデル黒田瑞貴さんがHyperXのブースに登場し、ファンの皆さんと交流します。憧れの人と会えるチャンスをお見逃しなく。一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

プレオーダー情報:
Cloud Alpha S、Pulsefire Dart、ChargePlay BaseはAmazon Japanで限定プレオーダー受付中です。

Amazon.co.jpプレオーダーページ:
Cloud Alpha S(HX-HSCAS-BL/WW): https://hyperx.gg/2lPw4v1
Pulsefire Dart(HX-MC006B): https://hyperx.gg/2k10TfU
ChargePlay Base(HX-CPBS-A): https://hyperx.gg/2lzk0Oi

製品詳細については、www.hyperxgaming.com/をご覧ください。

HyperXブース一般公開日のスケジュール
9月14日(土)
1:00P.M.〜2:00P.M. - Street Fighter競技会
プロゲーマーの大吾さんとボンちゃんさんがオーディエンスとのサドンデスゲームに参戦。フレンドシップPK対戦も行われます。

9月15日(日)
1:00P.M.〜2:00P.M. - Fortniteゲーム対戦
3:00P.M.〜4:00P.M. - Fortniteゲーム対戦
マイマイさん、黒田瑞貴さん、有名なeスポーツチームであるScarzがHyperXのブースに登場し、ファンと一緒にゲームを行います。憧れの人とゲームを楽しみ、勝利を目指しましょう!

HyperXのブース情報
場所:ブース#2-C01、幕張メッセ
日時:9月12日〜13日(ビジネスデイ) / 9月14日〜15日(一般公開日)10:00A.M〜5:00P.M.
ブースの概要:
・HyperXの新製品を試す
・ HyperXステージ:プロゲーマーとインフルエンサーによる競技会イベントを9月14日〜15日に開催
・HyperX抽選会:9月14日〜15日4:30P.M.
・以下のミッションを1つ終えるたびに抽選券1枚を配布(すべて完了すると抽選券3枚):
1. アンケートに回答
2. #HyperX原点 のハッシュタグを付けてHyperXのブース写真をTwitterに投稿
3. 東京ゲームショウ限定オンラインストアで製品を購入
・景品(毎日):
1等:FURY DDR4 RGB + Cloud Orbit + Alloy FPS RGB + Pulsefire Surge + FURY S Speed Mousepad XL(1日1セット)
2等:DXRacerチェア(1日1台)
3等:Viewsonicモニター(1日1台)
4等:Cloud MIX(1日1台)
5等:Cloud Earbuds(1日3台)
・注意:抽選会に参加するにはHyperXのブースに4:30P.M.までにお越しいただく必要があります。

一般公開日の詳細については、HyperXのTwitterアカウント(@HyperXJapan)をご覧ください。

1 Qiワイヤレス充電器は別売りです。
2デフォルトの照明でテスト。バッテリー寿命は使用状況と計算条件によって異なります。
3付属のACアダプターは、パッドあたり最大10Wで2台のデバイスをサポートします(2台を充電する場合は合計15W)。デバイスにその他の充電制限がある場合があります。
4 Virtual 7.1サラウンドサウンド効果は、ステレオヘッドホンで使用される2チャンネルステレオ信号を出力します。

HyperXについて
HyperXはKingston Technologyの事業部の一つで、メモリ製品の世界最大独立メーカーであり、ゲーマー、PCビルダー、パワーユーザーに高性能コンポーネントを提供することを目指しています。HyperXでは、16年間に渡ってゲーマー向けのゲーミング製品を開発することをミッションに掲げ、高速メモリ、ソリッドステートドライブ、ヘッドセット、キーボード、マウス、USBフラッシュドライブ、マウスパッドをゲーミングコミュニティの枠を超えて提供してきました。定評あるHyperXブランドは、飛び抜けた使いやすさ、美しさ、パフォーマンス、信頼性を実現した製品を一貫して提供することにより、リーダーボードのトップにその名前が刻まれています。最も厳密な製品仕様を満たし、クラス最高のコンポーネントによって構築されていることから、HyperXの周辺機器は世界中のプロゲーマー、テクノロジー愛好家、オーバークロック愛好家によって選ばれています。HyperXは世界中で500万個以上のヘッドセットを出荷しています。
スキルレベルやゲームのジャンルを問わず、あらゆる場所のすべてのゲーム愛好家に、当社のブランドスローガンである「We’re All Gamers」の理念をお届けします。

Twitter:https://twitter.com/hyperxjapan
YouTube:http://www.youtube.com/hyperx
Facebook:https://www.facebook.com/hyperxapac

KingstonおよびKingstonのロゴ、HyperXはKingston Technology Corporationの登録商標です。権利はすべて留保されています。その他の商標はすべてそれぞれの権利所有者に帰属します。


配信元企業:Kingston Technology Company
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ