オンライン資金繰り管理サービス「エメラダ・マーケットプレイス」、城北信用金庫と全国初の「Face to Face型キャッシュフロー・レンディング」で連携を開始

9月12日(木)17時40分 PR TIMES

オンライン金融プラットフォームを運営するエメラダ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:澤村帝我、以下「当社」)は、2019年9月12日付でオンライン資金繰り管理サービス「エメラダ・マーケットプレイス」(以下、「当サービス」)において、城北信用金庫(本店:東京都荒川区、理事長:大前孝太郎)と連携を開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25084/17/resize/d25084-17-180848-0.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/25084/17/resize/d25084-17-757660-1.jpg ]


■城北信用金庫における「エメラダ・マーケットプレイス」導入の狙い
当サービス導入において融資審査業務の効率化を図り、融資実行件数アップを目指します。また、リアルタイムキャッシュフローデータを元に顧客理解を深め、良質なコミュニケーションと共に最適なソリューションの提供を行います。

■「エメラダ・マーケットプレイス」について
URL:https://emerada-marketplace.com/
「エメラダ・マーケットプレイス」は、金融機関に複数の口座を保有する中小企業や小規模事業主の経営者様や経理担当者様にとって、いつでもどこでも日々のお金の動きを一元管理できる「オンライン財務サポーター」です。また、希望される場合、金融機関と情報共有の連携を行うことができ、資金調達の各種手続きを簡単に行うことも可能です。
金融機関と企業の双方での資金管理を実現し、金融機関は企業の資金の動きをリアルタイムで分析・把握ができるため、様々な営業推進に活用することができます。


■城北信用金庫と当社が描く次世代の融資ソリューション
城北信用金庫と当社は「エメラダ・マーケットプレイス」を通じて、キャッシュフロー情報を従来の対面融資に活用する手法、「Face to Face型キャッシュフロー・レンディング」を推進してまいります。この手法は全国の信用金庫で初めての取り組みとなります。対面融資の安心感とキャッシュフロー・レンディングの手軽さを併せ持つハイブリッド型の融資として、さらなる顧客満足度の向上を図ります。


■企業情報
企業名:城北信用金庫
所在地:東京都北区豊島1-11-1
代表者:理事長 大前孝太郎
URL:https://www.shinkin.co.jp/johoku/

企業名:エメラダ株式会社
所在地:東京都港区南青山1-12-3 LIFORK MINAMIAOYAMA南棟
代表者:代表取締役社長兼CEO 澤村帝我
設立:2016年6月
URL: https://www.emerada.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ
エメラダ株式会社 広報:大田貴飛郎
Mail:media@emeradaco.com
電話:03-6256-8266

PR TIMES

「オンライン」をもっと詳しく

「オンライン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ