業界初、誤配送・なりすまし受取防止スマートIoT宅配ボックス『PacPort』

9月13日(金)9時40分 PR TIMES

クラウドファンディングサービスMakuakeにて先行予約販売開始

株式会社PacPort(本社:東京 代表取締役社長:沈 燁、以下PacPort)は、かねてよりIoTとAIを用いて開発を進んできたスマート宅配ボックス『PacPort』の製品化に成功し、本日発表と同時にクラウドファンディングサービスMakuake(マクアケ)にて先行予約販売を開始しました。PacPortは画期的なソリューションによって、現存の宅配サービスがもつ誤配送、なりすまし受取といった課題を解決すると同時に、「再配達いらず」を実現することで、日本の物流業界が抱える深刻な人手不足・再配達問題の緩和に貢献することを目指しています。

安心・安全・完全デジタル化スマート宅配ボックス『PacPort』

[画像1: https://prtimes.jp/i/48142/5/resize/d48142-5-820096-0.png ]


PacPortはIoTを駆使して自社で開発したスマートロックを活用し、国内主要宅配ボックスメーカーとの協業により、これまでにない安心・安全な宅配ボックスの商品化を実現しました。この度発表した製品『PacPort』は、ユーザーがECサイトで商品購入後に受け取る注文確認メールに記載された荷物の追跡番号を解錠鍵として利用することにより、荷物の誤配送を防止します。また、内蔵カメラが投函された荷物を撮影し、瞬時に写真を荷受人に送信する機能も備えているため、投函時の不正動作も防げます。同一受取人宛ての荷物なら最大3つまで投函可能。さらに、荷受人は取引の都度生成される期限付きQRコードでボックスの開閉を管理する仕組みになっているため、なりすまし受取への不安も解消できます。

専用アプリで複数の通販サイトの注文情報を一括管理

ユーザーはPacPortが開発した専用スマートフォンアプリで、各ECサイトで購入した商品を発送から受取までの荷物配達状況を追跡できます。注文・配送情報をAIが解析・整理。ユーザーが複数のECサイトで商品を注文した場合も、同一画面で発送された荷物の配送状況を一目瞭然で確認できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/48142/5/resize/d48142-5-770104-1.png ]


設置場所の自由度が魅力
大型宅配ロッカーが設置困難な既存の集合住宅での活用にも期待

『PacPort』は場所を選ばず、設置スペースが限られている既存の集合住宅でも、複数のボックスを自由に組み合わせて配置できます。また、EC市場規模の急激な拡大により宅配ロッカーが慢性的に不足する集合住宅では、複数の『PacPort』をシェアリング宅配ボックスとして活用することで、住居者満足度を高めるメリットも得られます。

なお、本日発表の戸建て住宅向け製品PP01Aは利用者宅のWi-Fiに接続して稼働するのに対し、現在技術検証中の集合住宅向け製品PP01Bは低価格・省電力のNB-IoT技術を利用します。これにより、集合住宅のオーナーは既存の商用NB-IoT通信サービスを利用することで、低い運営費でテナントに高品質な宅配ボックスシェアリングサービスを提供できるようになります。

フリマユーザーにうれしい集荷依頼サービスも可能に!

個人間中古品売買の市場が急成長している中、荷物の受取だけでなく集荷のニーズも高まっています。『PacPort』は今後、フリマ事業者の取引システムと連携することで、ユーザーが自宅にいながら落札商品を発送することを可能にします。これにより、共働き世帯、子育て世代やフリマのアクティブユーザーのストレスを軽減し、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

PacPort宅配ボックスのココがスマート!

[画像3: https://prtimes.jp/i/48142/5/resize/d48142-5-829554-2.png ]


39,800円(税・送料込み)でMakuakeにて先行予約販売中!


本日、製品の発表と同時にMakuakeで購入型クラウドファンディング募集を開始しました。先行予約価格は通常価格から20%オフの39,800円(税・送料込み)、募集期間は9月12日から11月29日まで。商品は12月1日より順次発送予定です。募集サイト: www.makuake.com/project/pacport/

製品概要

製品名: PacPort

型番:  PP01A

寸法:  横幅400X奥行500X高さ600(mm)

材質:  金属、防雨・防塞・UVカット対応

色:   シルバー

付属品: 扉ハンドル (マクアケ限定標準装備)
[画像4: https://prtimes.jp/i/48142/5/resize/d48142-5-742848-3.jpg ]



スマートロック

本体の材質: 樹脂

バッテリー: 単三電池6本、待機時間1年、毎日一度利用の場合6〜8か月連続使用可能

通信方法:  Wi-Fi

[画像5: https://prtimes.jp/i/48142/5/resize/d48142-5-673139-4.jpg ]

株式会社PacPort代表取締役社長 沈 燁(シェン・イェ)のコメント

「EC市場の拡大に伴い、日本では宅配サービス業界に大きな負担がかかり、ドライバー不足、再配達の削減が喫緊な社会問題にもなっています。『PacPort』が提供するラストマイルソリューションは、少子高齢化による労働力不足問題をIoTで解決するだけでなく、誤配送やなりすまし受取を防止することで消費者の『宅配ストレス』の軽減にもつながります。近い将来、フリマ集荷依頼サービスや様々なシェアリングサービスにも応用できるよう、多様化する消費者のニーズに応えてまいる所存です」

株式会社PacPortについて

2018年5月に日本で設立した株式会社PacPortは、「課題先進国・日本発のラストマイルソリューションを世界へ」をミッションに、先端IT技術で宅配業界の人手不足や再配達問題の緩和に取り組むベンチャー企業です。2019年2月には中国・深センに研究開発を担う子会社を設立しました。
ウェブサイト:https://www.pacport.com
Facebook: https://www.facebook.com/PacPort.JP/

PR TIMES

「スマート」をもっと詳しく

「スマート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ