インパクトを放つ楽曲で“感染者”を増やすヴィジュアル系バンド「ぞんび」、月額制PREMIUM MEMBERサービスをオープン!

9月15日(金)18時11分 PR TIMES

当サービスにご登録いただくと、限定配信の画像や動画、ラジオ、デジタル会員証などのオリジナルコンテンツがお楽しみいただけます。

アーティスト・クリエイターのファンクラブ、ファンサイトの企画・制作・運営を行う、“FanTech”分野(※1)のパイオニア、株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)は、2017年9月15日(金)に、ユークリッドエージェンシー所属ヴィジュアル系バンド「ぞんび」の月額制PREMIUM MEMBERサービスの提供を開始しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/17372/184/resize/d17372-184-699777-0.jpg ]


独特な世界観を持つヴィジュアルと、毒々しい強烈なインパクトを放ちつつキャッチーなフレーズを散りばめた振り幅の広い楽曲が特徴の「ぞんび」は、Vo. 奏多、Gt. 翔、Ba. 青井ミドリ、Dr. REIKAの4人組ヴィジュアル系バンド。YouTubeにアップロードしたPVは注目度も高く、公開されたライブPVは再生回数280,000回を突破しており、その”感染者”は急増しています。1stシングル「腐り姫」は、キャッチーなメロディーとリリックが話題を呼び、CDの販売開始前にカラオケやメディアからの問い合わせが入るほどの注目を集めました。

2017年1月には、待望の1stアルバム「ぼくらはみんな死んでいる。」をリリース。同アルバムを引っさげて、2月から10都市を廻る初のぞんび ワンマンツアー2017〜全国完全感染〜「ぼくらはみんな死んでいる。」を開催。ツアーファイナルはTSUTAYA O-WESTにて行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。

7月に行われたワンマンライブ「ぞんび VS ゾンビ」は全公演SOLD OUT。8月26日(土)に行われたファイナルライブも同じく完売し、ベースの青井ミドリのバースデーライブ「恐怖!!真夏の最終公演 青井ミドリ生誕祭「ミドリの日-2017-」」として、動画の生配信も行われ大いに盛り上がりました。

この度提供を開始したのは、この先もファンを楽しませてくれること間違いなしの、ユークリッドエージェンシー所属ヴィジュアル系バンド「ぞんび」の月額制PREMIUM MEMBERサービスです。限定配信の画像や動画、ラジオなどのデジタルコンテンツがお楽しみいただける当サービスの詳細については、下記のOFFICIAL WEB SITEよりご確認ください。

▼ ぞんび OFFICIAL WEB SITE
URL:https://zombie-web.com


【 ぞんび OFFICIAL WEB SITE 詳細】

■URL
https://zombie-web.com
※当サイトはオフィシャルサイトとPREMIUM MEMBERサービスを兼ねて運営しています。

■PREMIUM MEMBER 会費
月額300円(税別)
※お支払いには、ドコモ ケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いとクレジットカード決済がご利用いただけます。

■PREMIUM MEMBER 会員限定コンテンツ
Gallery
Movie
Radio
PREMIUM MEMBER限定メールマガジン
バースデーメール
デジタル会員証/会員番号

その他にも不定期会員限定特典多数ご用意しています。


【会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-14フジビル40 4F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:200百万円
事業内容:プラットフォーム事業、映画・映像制作事業、イベント事業、旅行・ツアー事業

■Corporate:https://skiyaki.com/
■Facebook:https://www.facebook.com/SKIYAKIInc
■twitter:https://twitter.com/SKIYAKI_pr

当社は、クリエイティブクラスの代表であるアーティストやクリエイターの活動によって世の中がさらに豊かになると考え、その活動を支援するファンクラブ公式サイト制作、運営及び公式グッズECサイト、電子チケットサービスなどの開発を手がけております。当社がアーティストやクリエイター、企業、およびファンの皆様から必要とされる存在であるために、私たち自身もクリエイティブクラスでありたいという想いから、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念のもと、全員が働きがいを感じ、成長し続けることができる環境づくりを推進しております。


(※1)“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味する造語。時代にあったテクノロジーを用い、ファンとアーティスト、クリエイター、企業など創造主との新しい関係を生み出し、これまでにない付加価値を生み出す動きのことを指します。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サービスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ