人気アート集団デザインの『ハロウィン限定ボトル』登場 景品に仮装マスク全12種類

9月15日(木)19時0分 Techinsight

スミノフアイス ハロウィン限定デザインボトル

写真を拡大

年々盛り上がりを見せているハロウィンイベント。仮装して街に繰り出したり、パーティーを開いたり、この日を楽しむ若者がどんどん増えているようだ。ショップにもハロウィン関連商品がすでに並んでいるが、今年も『スミノフアイス』からハロウィン限定デザインボトルが登場。さらにボトルと同じ人気アート集団がデザインを手がけた仮装グッズも入手できるかもしれない。

プレミアムウオッカ「スミノフ」をベースにした「スミノフアイス」は、世界90か国以上で飲用されているアルコール飲料。このたび発売された「スミノフアイス ハロウィン限定デザインボトル」(数量限定)は、人気アート集団「輪派絵師団」がデザインしたもの。大きな“スカル”が目を引くが、このスカルは両面相デザインになっており、上下を逆さまにすると別のスカルの絵になるという凝りようだ。


デザインを手がけた「輪派絵師団」は、NOIZ-DAVI(Yoshiaki Kusunoki)、山本大輔(daisuke yamamoto)、XOLA(Shora Kato)、佐川友星(Yusei Sagawa)を主要メンバーとする、東京が拠点のアート集団。『モーションペイント』や商業映像を制作しているが、ビデオの視聴回数はなんと1億回以上を誇る。

また、同じく「輪派絵師団」デザインの「ジャパニーズ モンスター マスク」がついてくるのも見逃せない。今年のテーマは「日本のモンスター」であり、「いろんなジブンを楽しもう!」というメッセージを込めて、オリジナルデザインのモンスターに変身できるマスクが全12種類(ドクロが4種類に、般若、カラス天狗、狛犬、鬼がそれぞれ2種類)。マスクに絵が描いてあるため、これを着ければ、口の部分が簡単に仮装できるようになっている。大がかりの仮装はちょっと恥ずかしいという人もこれなら気軽に仮装気分を味わえそうだ。


昨年はハロウィン限定ボトルの景品の仮装グッズを装着したセルフィー画像が大きな話題になった。今年の「ジャパニーズ モンスター マスク」は一部のコンビニエンスストアチェーンでの取扱いとなり、店舗によっては取扱いがない場合もあるという。昨年は売り切れが続出したことからも、見つけたら早めにゲットした方がいいかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

「ハロウィン」をもっと詳しく

「ハロウィン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ