トム・ヨークも参加する音楽配信サイト「Bandcamp」 LGBT支援を表明

9月17日(日)9時0分 Forbes JAPAN

ドナルド・トランプによる米軍からのトランスジェンダーの排除発言を受け、LGBTコミュニティへの支持を表明したエンターテイメント分野の企業がある。インディペンデントなミュージシャンたちの活動を支援する音楽配信プラットフォームの「Bandcamp」だ。

Bandcampは8月、同社のレベニューシェアの100%を、LGBTコミュニティを支援するNPO法人「トランスジェンダー・ロー・センター(TLC)」へ寄付する試みを1日限定で行った。

「我々はLGBT+のユーザーやスタッフを支援し、彼らを虐げるいかなる個人や団体にも反対する」とBandcampは声明で述べた。CEOのイーサン・ダイアモンドは「たとえそれが自分たちのビジネスの妨げとなったとしても、我々は自分たちが正しいと思うことを支持する」と断言した。

Bandcampは今年2月にも米国自由人権協会(ACLU)を支援するチャリティを行い、当日の売上は通常の日の550%増の100万ドル(約1億1000万円)を記録。その12%を寄付した。

Bandcampのプラットフォームを利用しているのは、無名のインディーズアーティストらが中心だが、2014年にはレディオヘッドのトム・ヨークがここでシングル「YouwouldntlikemewhenImangry」と、アルバム「Tomorrows Modern Boxes」の発売を開始し、大きな話題となった。販売は現在も継続中で、価格はユーザー自身が決定できるようになっている。

Forbes JAPAN

この記事が気に入ったらいいね!しよう

LGBTをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ