「箱根駅伝優勝」を企む慶應三田会の策略

9月17日(日)11時15分 プレジデント社

グラウンドで練習する環境情報学部4年の下川唯布輝さん(左から2番目)ら。

写真を拡大

年始の恒例行事、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に慶應義塾大が“本気”で挑む。慶應大は1994年の第70回記念大会を最後に出場していないが、「箱根駅伝プロジェクト」をスタートさせ、5年で本戦出場、10年で優勝を目指す。その裏には正月の箱根路で母校のたすきを見ることをもくろむ、大学のOB組織「三田会」の策略が見え隠れする。

■OBが全国を奔走


プロジェクトの中心人物である慶應大大学院蟹江憲史教授は「われわれの最大の武器はOBのネットワークだ」と断言する。そもそも計画の発端も競走部の三田会である「慶應陸上競技倶楽部」からだった。「今年競走部は創部100周年で、そんな中でさまざまなプロジェクトチームが発足した。記念式典を企画するチームや、記念品を製作するチームなど。その中で短距離競技出身のOBから『この機会に本気で箱根を目指したらどうか』と声が上がり、そこから一気に盛り上がった」と説明する。


その後、自前のマーケティング能力を駆使し同倶楽部はとあるデータを発見した。「われわれの調べでは最近の全国高校生のランキング(男子5000m)では700位程度の選手のタイムは切るくらいだ。しかし、30年前は同じくらいのタイムの選手が100位という上位に食い込んでいた」(競走部OB)。一方で箱根を走る選手はそれほど速くなっていないという。



グラウンドで練習する環境情報学部4年の下川唯布輝さん(左から2番目)ら。

慶應は他大学と違いスポーツ推薦枠を設けられない弱みがあるが「当時の上位100位に入るような優秀な選手が今は700人もいるのであれば、その中には慶應受験を突破できる生徒が相当数いるはず」という結論を導いた。


選手のスカウティングにもOBが大きな役割を担う。「全国各地のOBが地方の大会や練習の見学にいっている。各自で情報共有をし、いい選手がいたらOB自ら話しかけ、慶應受験を勧めている。“三田会”はやろうと決めたら、とにかく団結力が強い」。


慶應の競走部出身でもある蟹江教授はOB会で起きている動きを大学関係者に相談した。その結果、大学は駅伝競技をはじめとする陸上競技を専門に研究する「ランニングデザイン・ラボ」の設置を承認した。ラボは駅伝チームと連携し、スポーツ医学や栄養学、ITを活用して本格的に選手をバックアップする。



■「血縁主義」を捨てプロコーチに託す


卒業生同士のつながりが異常に強い慶應だが、コーチにはあえて身内ではなく、外部から人材を招いた。



保科光作コーチ

「遊びの集団を、箱根を目指す本気のチームに変える」。そう語るのは今年4月に駅伝チームのコーチに就任した保科光作コーチだ。保科コーチは日本体育大出身で4年連続で箱根に出場し、社会人チームの日清食品や母校での指導経験もある。駅伝のプロフェッショナルとして、大学関係者から大きな期待がかかる。


「就任当初は練習に参加しない生徒もいた。『君たちが目指しているのは箱根のはずだ。本気じゃないなら辞めてしまえ』といった厳しい声もかけ、選手の意識を変えさせた。今は明らかに足りていなかった基礎のトレーニングから練習の強化をしている」


熱い思いは選手にも伝わっている。駅伝チームのリーダーで環境情報学部4年の下川唯布輝さんは「目標が明確になった」と目を輝かせた。「コーチがくるまでは箱根を目指したいとは、恥ずかしくて言い出しづらかった」と振り返る。保科コーチは30代前半と若いことから、選手からは頼れる兄貴分としても慕われているようだ。


保科コーチは直近の目標として、2018年の箱根駅伝の関東学生連合チームに慶應から一人出場させることを挙げる。同チームは箱根駅伝の予選会で敗退した大学の優秀な選手で構成される。


保科コーチは「絶対に箱根で優勝します」と力を込める。“三田会”が操る箱根制覇の方程式で、東京・大手町のゴールテープは切れるのか。


(プレジデント編集部 鈴木 聖也 撮影=横溝浩孝)

プレジデント社

この記事が気に入ったらいいね!しよう

箱根をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ