建設マンの命を守る「命綱」——失敗が許されないその製造現場で培われた、確実にミスを防ぎ、成果を上げるための仕事術とは

9月18日(水)19時40分 PR TIMES

「ミスを『成果』に変えるーー命綱を作っている女性社長の仕事術」刊行

株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・伊藤滋)は、2019年9月6日に書籍「ミスを『成果』に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術」を刊行しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/37885/13/resize/d37885-13-183438-0.jpg ]

技術革新がすさまじい勢いで進み、遠くない未来には仕事の大半がAIによって奪われていくことが危惧される現代社会。より一人ひとりの仕事の精度が求められる時代へと変容してまいりました。
とはいえ仕事にミスはつきもの。そのヒューマンエラーをいかにして防ぐべきなのか。ミスを起こさずに確実な成果を上げる具体的なノウハウを本書では解説してまいります。

著者の経営する株式会社基陽は、「命綱」や建設用防災用具、安全工具を製造販売している会社。人の命を預かる「命綱」の製造においてミスは絶対に許されません。そのため製造工程において、確実にミスを防ぎ、成果を上げるためのノウハウを徹底的に追及してきました。
油断や慢心を自ら防ぎ、ミスを起こさず、成果を上げる組織づくりとは。本書では、ミスが起きるメカニズムを解説、ミスを事前に察知する仕事の進め方、ミスを防ぐための組織の意識づくり・チームワークの形成・PDCA、そして万一ミスが生じてしまった際にそこから成果を上げるメソッドまでをわかりやすく紹介いたします。仕事で成功を手繰り寄せるためのヒントがつまった1冊となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/37885/13/resize/d37885-13-330776-1.jpg ]


「ミスを『成果』に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術」
藤田尊子・著
2019年9月6日刊行
定価:1400円+税
四六判・208頁

【目次】
第1章 ミスが起きやすい魔の時を知る
第2章 ミスの注意信号はこうしてキャッチせよ
第3章 ミスの芽を摘む仕事の進め方
第4章 ミスを防ぎ、成果を上げる意識づくり
第5章 ミスを防ぎ、成果を上げるチームワーク
第6章 ミスを防ぎ、成果を上げる改善のすすめ
第7章 ミスが起きても、成果に変えていく方法


【著者プロフィール】
藤田尊子
株式会社基陽(建設用防災用具、安全工具、装具の企画製造会社)代表取締役。
1965年、大阪府生まれ。株式会社基陽を創業した両親の下に育つ。大学卒業後、証券会社勤務。その後、日本語教師(台湾〜北京在住)を経て、2000年、株式会社基陽(建設用安全保護具の企画製造)へ入社。2014年、代表取締役に就任。
※株式会社基陽 受賞歴
2014年 「グッドデザイン金賞」「グッドデザイン賞」W受賞
2017年 内閣府主催「女性のチャレンジ賞」受賞
2018年 「グッドデザイン賞」受賞
2018年 「ホワイト企業大賞 人間愛経営賞」受賞……他多数。

【書籍のご購入はこちら】
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/search?sitem=4426125480&sv=30
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4426125480

【会社概要】
会社名:株式会社自由国民社
所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-11
代表者:伊藤 滋
設立:1928年(昭和3年)8月5日
URL:https://www.jiyu.co.jp/
事業内容:雑誌・書籍の編集、出版等

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社自由国民社
TEL:03-6233-0781
FAX:03-6233-0780

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社自由国民社
宣伝企画部
TEL:03-6233-0783
FAX:03-6233-0780

PR TIMES

「ミス」をもっと詳しく

「ミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ