山口組系元組長がフクシマ支援のために狙う「テスラとの提携」

9月19日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

福島県庁で説明を受ける猫組長こと菅原潮氏(右)と復興構想の仲間で共に動いている投資家の高沢健太氏

写真を拡大


前回の記事、「山口組系元組長が『フクシマ未来都市計画』をぶち上げ支援に動き出した理由」では、「猫組長」こと菅原潮氏がなぜ、原発事故後7年経った今になって福島の復興を支援しようと思ったのか、その理由と、独自の復興構想の概要を聞いた。今回はその具体的な内容と、すでに動き出しているプロジェクトの進捗などを語ってもらう。

 山口組二次団体の元組長という冠が今もついて回る菅原氏の「未来都市フクシマ」計画。果たして彼はただの“山師”なのか、あるいは福島と日本の未来を変え得るイノベーティブな“投資家”なのか──。(ライター 根本直樹)


人々を引き寄せる大きなポテンシャルが

“フクイチ”周辺にはある


──前回、菅原さんは、福島第一原発事故により福島には巨大な負のイメージが付着してしまったが、それをプラスイメージに転換できれば、世界に類を見ない“未来都市”のプラットホームになり得ると語っていました。そのためには、原子力に特化した町、先端科学技術に特化した町を目指すべきだと。具体的にはどのような構想を考えているのでしょうか。


 すぐにできることと、将来に向けた大きなビジョン。私の構想はこの2本立てから成っています。前者にはすでに動き出しているものもあります。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「山口組」をもっと詳しく

「山口組」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ