Chevrolet Malibuに搭載の最新マルチメディアシステムのユーザビリティを検証・評価したレポートをリリース

9月19日(木)11時0分 ドリームニュース

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、欧州・米国・中国市場で提供されている最新のナビゲーションおよびインフォテイメントシステムを評価対象としたユーザビリティベンチマーク評価レポートをシリーズで発行しています。2019年9月13日に発行した最新版ではChevrolet Malibuに搭載の「Chevrolet Infotainment 3 Plusシステム」を評価しています。

Chevrolet Infotainment 3 PlusはChevroletの最新システムシリーズの1つであり、旧バージョンのMyLinkシステムから名称が変更されています。同システムは応答性の高い8インチディスプレイを採用し、シンプルなメニュー構成で、直感的にメニューをナビゲートし機能にアクセスすることができ、主要機能が使いやすくなっています。一方、アプリストアと幅広い車内コマースアプリを導入していますが、いずれも全体としての統合が不十分であったり、各種アプリが機能性に欠けているように感じられるなどのマイナス面も見られました。

本書では、SBDが2019年に入り実施したVolkswagen Touareg、Mazda3、Ferrari Portofino、BMW3シリーズ搭載システムなどと対比させUXの総合評価を示すほか、システムのプラス面・マイナス面についての解説、音声認識機能に関するSBDの見解などを掲載しています。

https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/619-19IB_J.pdf


<評価対象車種>
Chevrolet Infotainment 3 Plus搭載Chevrolet Malibu

<評価方法>
SBDのユーザビリティエキスパート2名が1.5日間に亘り対象システムの評価を実施
データ収集対象走行距離:100マイル以上
車上評価テスト:30時間
キャプチャ画像/動画:1,000点強

<レポート構成>
調査の概要:テスト担当者の主観的な見解、SBDによるUXスコアの比較、注目すべき機能
プラス面:評価中に発見したプラス面の概要とSBDの見解
マイナス面:評価中に発見したマイナス面の概要とSBDの見解
音声認識機能:車載システムの音声認識機能の評価結果
システムコンポーネント:コアシステムコンポーネント(メインディスプレイなど)の評価結果
機能とシステム性能:利用可能な機能とシステム性能の客観的スコアとテスト結果

<レポートの詳細>
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/619-19IB_J.pdf



本レポートおよび本シリーズの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。


配信元企業:株式会社SBDジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「システム」をもっと詳しく

「システム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ