マイナビ「派遣社員の意識・就労実態調査」を発表

9月19日(木)11時40分 PR TIMES

〜派遣社員として働く理由で最も多かったのは「正社員として就職できなかったから(20.9%)」〜

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、現在派遣社員として対象職種(※)いずれかで働く、男女20〜59歳を対象とした「派遣社員の意識・就労実態調査」を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。(有効回答数:1,431名)
※)オフィスワーク・事務/販売/サービス/テレオペ・テレマーケティング/機械・電気・IT技術・通信系/介護・福祉関連業務/製造/配送・輸送・物流

[画像1: https://prtimes.jp/i/2955/1069/resize/d2955-1069-745405-0.gif ]

【TOPICS】
■派遣社員を選んだ理由は、「正社員として就職できなかったから」が20.9%と最多【図1】
■今後希望する雇用形態は、男性が正社員(38.4%)、女性が派遣社員(40.8%)で男女に違いが【図2】
■正社員として働きたい理由は、「雇用の安定」と「賞与」がそれぞれ7割を超える結果に【図3】

【調査概要】
現在、派遣社員として働く理由で最も多かった回答は、「正社員として就職できなかったから(20.9%)」となった。男女別にみると、男性は当該理由が31.8%で最も多い結果に。一方、女性は14.1%となり、「働く日数・時間を自分で選べるから」が17.1%で最も多く、男女で理由に違いが出た。

今後希望する雇用形態について聞くと、男性は「正社員」が38.4%、女性は「派遣社員」が40.8%で、ここでも男女の差が出る結果に。職種別では「機械・電気・IT技術・通信系(40.6%)」と「製造(36.4%)」が派遣社員よりも、正社員で働くことを希望する割合が高かった。

今後正社員として働きたい理由は、「雇用が安定しているから(73.7%)」と「賞与が欲しいから(73.7%)」がそれぞれ7割を超える結果となり、やりがいやキャリアアップより、今後の雇用の安定性を重視していることがわかる。

【図1】派遣社員を選んだ理由(単一回答)
[画像2: https://prtimes.jp/i/2955/1069/resize/d2955-1069-335161-1.png ]


【図2】今後どの雇用形態で働きたいか(単一回答)
[画像3: https://prtimes.jp/i/2955/1069/resize/d2955-1069-885164-2.png ]


【図3】(今後正社員として働きたい人に聞いた)正社員として働きたい理由 (複数回答 n=449)
[画像4: https://prtimes.jp/i/2955/1069/resize/d2955-1069-670638-3.png ]


-------------------
マイナビ「派遣社員の意識・就労実態調査」概要
【調査方法】 インターネット調査
【調査期間】 2019年6月21日(金)〜6月24日(月)
【調査対象】 現在派遣社員として対象職種いずれかで働く、男女20〜59歳 ※調査時点
※オフィスワーク・事務/販売/サービス/テレオペ・テレマーケティング/機械・電気・IT技術・通信系/介護・福祉関連業務/製造/配送・輸送・物流
【有効回答数】 1,431名
※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース(https://www.mynavi.jp/news/)からご確認いただけます。
-------------------

PR TIMES

「派遣社員」をもっと詳しく

「派遣社員」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ