「Tomo Light(トモライト)」の販売元トモスメイカー合同会社が北海道の地震、西日本の台風被害に寄付という形で還元します!

9月20日(木)9時30分 @Press

富山県八尾町にある小さな地方のライト開発メーカー「トモスメイカー合同会社」(所在地:富山市、代表:松田 大輔)は、北海道地震の被災者、西日本の台風被害を支援のため、NPO法人を通じて9月分の利益を今回の支援地に寄付することをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/166203/LL_img_166203_1.jpg
商品ヘッダー画像

〜なぜ寄付を決めたのか?〜
「弊社にかかわる仲間たちと話しましたが、今月の売上の一部を北海道の地震と西日本の台風被害に寄付することを決めました。弊社はライト関係の商品を売っていましたので7月、8月に台風、地震と続き、その際に多くの企業やお客様からお声がけをいただきました。その際に売り上げが非常に立ちましたので、今回の利益をお返しする意味でも、せめてもの還元です。今月の利益を寄付しても、経営は成り立つので、9月までの利益の一部を寄付しようという話に会社の仲間たちと話し、結論付けました。」

とトモスメイカー合同会社の代表、松田が語っています。トモスメイカー合同会社が売っているライトのブランド名は「Tomo Light(トモライト)」。7月から対応が丁寧ということで、Twitter上で拡散され、ニュースやテレビで取り上げられ、一時期は一夜にして600個の商品が売り切れ、7月だけで4,000個も売れたヒット商品。8月からは大雨、台風、地震と停電した家庭や企業が「Tomo Light(トモライト)」のヘッドライトを使って助かったという被災地がまたTwitter上で投稿し、再度、人気が出て、小さいメーカーながらも今も爆発的に売れている商品を扱っている会社である。


〜経営者の想い〜
「実は言うと、弊社の商品を買ってくださっている7、8%くらいのお客様は北海道のお客様です。頭につけるヘッドライトという特殊なライトを扱っていたりしていますが、北海道のお客様が多くいらっしゃって、特に地震あった時、大丈夫だったかな?と良く思っていました。弊社は北陸の富山県ですし、出来ることといえば災害時に役立つ商品を開発し続けることと、その売り上げの一部を寄付することくらいしかできませんが、ここ最近、台風や水害でも停電することが多いので、弊社の商品が役立ってくれれば非常にうれしく思います。今後は、もっと売上立ったり、多くの商品を開発していって、将来的には全国の小学校や病院に弊社のヘッドライトを寄付したいですね。ちょっとでも貢献できれば大変うれしく思います。」

と代表、松田が語っていました。各被害地域から遠い北陸からですが、みなさんの安全と、出来うる限りの支援と今後も災害、防災時に役立つ商品を開発していこうと松田は思っていたようです。


商品(Tomo Light トモライト)のURL↓
販売先URL: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D6CZF9G


■会社概要
会社名:トモスメイカー合同会社
所在地:富山県富山市八尾町
代表 :松田 大輔


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ