ふるさとチョイス、ふるさと納税で地域課題解決の資金を募る「ガバメントクラウドファンディング(R)」の全プロジェクトを持続可能な開発目標(SDGs)のゴール17項目で指標化

9月20日(金)19時40分 PR TIMES

〜自治体SDGs事業を可視化、GCFプロジェクトページにSDGsのアイコン掲載〜

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は地域課題解決の資金をふるさと納税で募る「ガバメントクラウドファンディング(R)」(以下「GCF」)で、自治体の全GCFプロジェクトに「持続可能な開発目標(SDGs)」の17項目のうち該当するゴールのアイコンを表示する機能を導入しました。自治体の地域課題解決事業をSDGsの各ゴールに紐づけることで、事業の意義や目的をより明確にし、自治体SDGs事業のPRを強化します。開始日は9月19日です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択され、誰一人取り残さない持続可能な世界を実現するために、2030年までに達成すべき17の目標を掲げています。目標には、貧困や教育、産業振興やまちづくり、環境保全などがあり、国内自治体がGCFで取り組む地域課題と結びついています。そこで、GCFの各プロジェクトをSDGsで指標化し、自治体のGCFでの取り組みがSDGsの目標達成にも貢献していることを発信します。また、企業やNPOでも注目されているSDGsをGCFに取り入れることで、自治体と企業、NPOなどの連携によるプロジェクト実施を促し、GCFを通じた地域課題解決が一層進むことにつなげていきます。

トラストバンクは今後も、GCFなどを通じて地域課題解決への貢献に努めてまいります。


□■ GCFプロジェクトSDGs指標化の概要 ■□
◆開始日:2019年9月19日
◆GCFサイトURL: https://www.furusato-tax.jp/gcf/
◆対象プロジェクト:全プロジェクト(過去に実施したプロジェクトを含む)
◆表示方法:トラストバンクがプロジェクト内容に応じてSDGsの項目から設定(複数項目の設定あり)
※ガバメントクラウドファンディング及びGCFは、株式会社トラストバンクの登録商標です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26811/370/resize/d26811-370-969399-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/26811/370/resize/d26811-370-498855-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/26811/370/resize/d26811-370-396604-2.jpg ]



株式会社トラストバンクについて
2012年4月設立。同年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。同サイトは、約1億9,500万の月間PV数(2018年12月)、契約自治体約1,500自治体超(2019年9月)、お礼の品登録数21万点超(2019年9月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年9月、ふるさと納税の制度を活用したプロジェクト型課題解決支援「ガバメントクラウドファンディング(R)」をスタート。2014年9月には災害時にふるさと納税で被災地を支援できる「ふるさとチョイス災害支援」を立ち上げ、全国自治体に無償でプラットフォームを提供。

PR TIMES

「ふるさと」をもっと詳しく

「ふるさと」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ