教員間で話題沸騰!『わくわくパフォーマンス課題づくり』著者インタビューを公開

2022年9月21日(水)19時46分 PR TIMES

Amazon学校教育一般関連書籍部門でベストセラーを記録、教員に注目される理由とは!?

2022年9月2日に明治図書出版より出版された『ロイロノート版 シンキングツールで授業を変える! わくわくパフォーマンス課題づくり』がAmazonでベストセラー第1位を記録しました(学校教育一般関連書籍部門 2022年9月5日時点)。教員も生徒も “わくわく” するパフォーマンス課題のつくり方や、パフォーマンス課題づくりにおけるロイロノート・スクール、シンキングツールの活用術が学べる1冊です。
ベストセラーを記念して、本書の著者 立石 俊夫氏にインタビューを実施しました。ぜひご覧ください。

著者インタビュー『わくわくパフォーマンス課題づくり』
https://help.loilonote.app/--6323e60f80a094001d54d3b1

[画像: https://prtimes.jp/i/24975/119/resize/d24975-119-3ae55ca86a22b26038f4-0.png ]

■ この本を刊行されたきっかけを教えてください。
私は38 年間、公立中学校において、現場一筋で授業をしてきました。長い教職人生、最後の10 年に衝撃的な出会いがありました。それが、ロイロノートであり、ロイロノートを通じて知り合った全国の素晴らしい先生方でした。以来、ロイロノートを活用した授業実践をSNSで発信するようになり、多くの先生方から「実践を本にまとめてほしい」というお声をいただきました。そうした声に支えられ、今回の書籍刊行に至ります。多くの先生方のお支えにより刊行できましたこと、心より感謝しています。

■ 発売からわずか数日でAmazon 学校教育一般関連書籍部門でベストセラー第1位を記録しましたが、これほどまでに注目を集めている理由は何だと思われますか?
先生方は今、どなたも教育界の大改革の中にいます。しかし、今も昔も変わらず教師がずっと望んでいるのは、「生徒も、先生も熱中して、わくわくするような授業をしたい」ということだと思います。

その願いに応えるべく、本書は「ロイロノート活用」「パフォーマンス課題作り」「シンキングツール活用」の3つを軸に構成しています。パフォーマンス課題はすべての校種・教科の基本となり、シンキングツールは、思考を可視化し協働学習を促進させることができます。そしてそれらの基盤となるのがロイロノートです。これら3点が1冊で学べるところが本書の特長です。

■ 立石先生はロイロノート・スクール発売当社の2014年から使い続けておられますが、ロイロノートの魅力とは?
ロイロノートは開発者と現場とが非常に密接な関係にあるアプリです。そのため「かゆいところに手が届く」という実感がえられやすく、そのことがさらに活用の幅を広げています。ロイロノートを作っているのは開発チームですが、育てているのは現場の教師と生徒です。それこそが一番の魅力だと思います。

■ 著書をどのような方に読んでほしいと思われますか?
生徒はもちろん、先生ご自身も“わくわく”する授業をしたいと感じている、すべての先生に読んでいただけたら嬉しいです。実際の授業場面を想定して、「あ!ここのこれを私の授業に応用できるかも」というように、少しずつ「?」と「!」を繰り返しながら、読んでいただければと思います。読み上げる頃には「授業づくりはすごく楽しい!」と感じられると思いますし、そう思うことが、実は「授業を楽しくする第一歩」なのです。そのことに気づくきっかけになればと思います。


著者プロフィール

立石 俊夫(たていし としお)
1959年大分県生まれ。立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業。1983年より大分県公立中学校社会科教諭として勤務。以来38年間、現場一筋で授業実践を積み上げ、それらを全国の先生方に発信。2014年からロイロノートを活用し始め、ロイロノート認定ティーチャー、シンキングツールアドバイザーとして全国各地で模擬授業およびセミナーを行う。2021年3月退職。現在もオンライン講師を務めている。


書籍情報

『ロイロノート版 シンキングツールで授業を変える! わくわくパフォーマンス課題づくり』
出版社:明治図書出版

発売日:2022年9月2日
仕様:単行本/144ページ
定価:2486円(税込)

【ご購入はこちら】
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4182455258/


ロイロ認定ティーチャーとは

ロイロでは、ICTを活用し、生徒主体の授業をデザインできる教員をロイロ認定ティーチャーとして認定しています。2021年2月に認定試験制度を開始して以来、400名以上の認定ティーチャーを輩出してきました。現在、認定審査のお申し込みを受付中です!(9月30日まで)

ロイロ認定ティーチャーについて
https://help.loilonote.app/--5fb73ce4c189ec002000d405


ロイロノート・スクールについて

ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代、生徒の主体性を育み、双方向授業をつくり出す授業支援クラウドです。小学校から大学まで、すべての授業で使えます。資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にできるため、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減につながります。個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮します。マルチプラットフォームに対応しており、どんな端末でもご利用いただけます。1日200万人以上に利用されており、国内外1万校に導入されています。
導入事例など詳しくはWebページをご覧ください。https://n.loilo.tv/ja

PR TIMES

「パフォーマンス」をもっと詳しく

「パフォーマンス」のニュース

「パフォーマンス」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ