地元開催のスポーツ大会をJ:COM 大田が応援!9月22日〜24日「クロスミントンJAPAN OPEN 2017」開催

9月22日(金)10時29分 PR TIMES

株式会社ジェイコム大田(J:COM 大田、東京都大田区、代表取締役社長:柳田 聡)は、9月22日(金)から24日(日)の3日間、大森スポーツセンターで開催される「クロスミントン JAPAN OPEN 2017」をサポーティングパートナーとして応援いたします。4回目を迎える今大会は、海外のトップ選手を含む、約120名が参加し、8つのカテゴリーに分かれて熱戦を繰り広げます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7676/433/resize/d7676-433-892012-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/7676/433/resize/d7676-433-660456-1.jpg ]

クロスミントンは、2001年にドイツで考案された、テニス、バドミントン、スカッシュの要素を取り入れたラケット競技です。ルールは非常にシンプルで、専用のラケットとバドミントンのシャトルのようなスピーダーがあれば、子どもから高齢者までが手軽に楽しめます。クロスミントンは健康促進にも繋がる一方で、そのスピード感から競技としての魅力もあることから欧米を中心に普及していますが、日本における歴史は浅く、競技人口は全国で400〜500名と、発展途上のスポーツです。

大会を主催する日本クロスミントン協会の運営組織であり、大田区を拠点に活動するNPO法人地域総合スポーツ倶楽部「ピボットフット」(以下、ピボットフット)では、クロスミントンが日本に伝わった2005年直後から教室を開講し、2009年には東京都立蒲田高等学校での体験授業を実施するなど、クロスミントンの普及に努めてきました。

J:COM 大田では、ピボットフットの“区民の健康増進や地域スポーツの普及・振興を通じて地域の活性化を目指す”という趣旨に賛同し、地元・大田区で開催される本大会を応援します。本大会において、1位から3位の選手に授与するメダルに加えJ:COM賞を提供し、大会運営に協力するほか、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル大田」で開催告知をするなど、大会全体をサポートします。

J:COM 大田は、地域密着の企業として、地域スポーツの応援を通じて、地域の皆さまへ夢と感動をお届けし、豊かな地域・社会の実現に貢献してまいります。

【大会概要】
大会名:クロスミントン JAPAN OPEN 2017
日程:2017年9月22日(金)〜24日(日)
会場:大森スポーツセンター(所在地:大田区大森本町2-2-5)
カテゴリー:◆シングルス/オープン、男子40歳以上、男子50歳以上、女子シングルス、女子35歳以上
      ◆ダブルス/オープン、女子、ミックス
主催:日本クロスミントン協会(JCA)
参加者:約120名  ※海外トップ選手15名含む
スケジュール:◆9月22日(金) ダブルス予選リーグおよび決勝トーナメント
       ◆9月23日(土) シングルス予選リーグ
       ◆9月24日(日) シングルス決勝トーナメント
特設サイト:http://crossminton.jp/?page_id=911

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スポーツをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ