LPixelとiGroup (Asia Pacific)とのジョイントベンチャーiLPixel Global、ライフサイエンス研究用画像不正検出サービス「ImaChek」を世界でリリース

9月22日(金)10時29分 PR TIMES

 エルピクセル株式会社(本社:東京都文京区、以下「LPixel」)とiGroup (Asia Pacific) Ltd. (本社:香港) とのジョイントベンチャーiLPixel Global Pte. Ltd (本社:シンガポール)は、ライフサイエンス研究用画像不正検出サービス「ImaChek」を開発し、世界で販売を開始いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/10005/23/resize/d10005-23-951265-5.jpg ]



【背景】
 近年、医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域における研究画像が膨大化し、ライフサイエンス研究画像データは10年で100倍もの勢いで増加しています。こうしたなか、研究論文に含まれる画像に不正な加工や不自然な箇所があるという指摘が、生命科学界のみならず論文捏造をめぐる社会問題として、世界中で大きな注目を集めています。同社は、最先端の画像処理技術を応用し、ライフサイエンス領域の画像を中心に、加工・再利用された不自然な箇所がないかを検出するサービス「ImaChek」を開発し、世界で販売を開始いたしました。

【ImaChekが提供する3つのサービス】
最新の画像解析技術とアルゴリズムを融合させ、研究者の皆様から論文誌出版社の皆様まで幅広くご活用いただけるよう、以下3つのサービスを展開いたします。

1.「ImaChek Pro」
 最新の画像解析技術とアルゴリズムを融合させた、研究画像の再利用を検出するクラウドシステムです。ユーザーがシステムに画像をアップロードするだけで、自動的に再利用された画像を検出します。

2.「ImaChek Premium」
 研究画像の受託解析サービスです。ユーザーに代わって画像解析のスペシャリストが画像の加工・再利用の有無等の解析を実施し、調査結果をレポートとして作成・提供します。

3.「ImaChek for Publishers」
 「ImaChek」を論文誌出版社のポータルサイト等、既存のプラットフォーム内でご使用いただけるよう、APIとしてサービスを提供します。2018年にサービス開始予定です。

 iLPixelは上記3つのサービスを提供するだけでなく、正しい画像処理技術に関しての教育活動や、研究倫理ガイドラインの普及を促進してまいります。その一環として、不正研究に関する記事や動画、画像処理に関するセミナーなどの情報をiLPixel公式サイトより発信してまいりますので、是非ご覧ください。
iLPixel公式サイト:http://www.ilpixel.com/

■本サービスのご利用などに関するお問い合わせは下記よりご連絡ください。
http://www.ilpixel.com/

【iLPixelについて】
 エルピクセル株式会社(https://lpixel.net/)とiGroup (Asia Pacific) Ltd. (http://www.igroupnet.com/)が設立したジョイントベンチャーです。研究データの整合性を担保することでアカデミアの信頼を守るべく、新しい画像解析サービス「ImaChek」を開発、全世界に向けて提供しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10005/23/resize/d10005-23-982203-6.jpg ]

PR TIMES

「不正」をもっと詳しく

「不正」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ