「えへへ顔」の可愛さはそのまま フィアット、コンパクトカー「500」特別モデル「タキシード」発表 白と黒を基調に大人っぽい仕上げ

9月23日(月)14時13分 ねとらぼ

フィアット「500/500C 120th タキシード」発売。創業120周年を記念した特別モデル

写真を拡大

 伊・自動車メーカー「フィアット」は9月19日、同社の創業120周年を記念して、限定車「500/500C 120th タキシード」を発売しました。限定数は2モデル合計で285台、価格は269万円(税10%込)からです。
 フィアットは1899年に創業。現在は米国のクライスラーなどと共に自動車グループ「FCA」を形成するイタリアの自動車メーカーです。
 今回、特別車のベースになったのはフィアットのコンパクトカー「500」と、そのオープンカーモデルである「500C」で、見た目は車体下部をアイスホワイト、車体上部のルーフやピラー、ドアミラーをブラックで塗装した2トーンカラー仕様が特徴となっています。
 ほかにも「500」のロゴ入り16インチアルミホイールも120周年記念モデルだけの専用装備となっているそうです。
 内装にはロゴと縦ストライプの入った黒いファブリックシートを特別装備。またインストルメントパネルなども黒を基調にし、シックな雰囲気に仕上げました。その他、ベースモデルに付いていたバイキセノンヘッドライトやリアパーキングセンサーなども標準装備しています。
 フィアット創業120周年記念「500」特別モデルの価格は、500 120th タキシードが269万円(限定185台)、500C 120th タキシードが289万円(限定100台)です。

ねとらぼ

「フィアット」をもっと詳しく

「フィアット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ