国家資格「エネルギー管理士」の日本で唯一の有資格者団体【一般社団法人全国エネルギー管理士連盟】は会員数が100名に達しました。

9月23日(土)10時28分 PR TIMES

省エネ情報交換会は会員のエネルギー管理士、非会員のエネルギー管理士、その他省エネ情報を共有したい方は参加可能です。

国家資格「エネルギー管理士」の日本で唯一の有資格者団体【一般社団法人全国エネルギー管理士連盟】は9月に会員数が100名に達しました。第12回省エネ情報交換会を大阪にて開催致します。 「エネルギーイノベーションジャパン2017」に出展致します。

【スローガン】
エネルギー管理⼠同⼠で省エネ情報をシェア!
[画像1: https://prtimes.jp/i/18920/6/resize/d18920-6-599716-0.jpg ]

◆◆◆第12回省エネ情報交換会(大阪)を開催します!◆◆◆
  「エネ管連」の第12回省エネ情報交換会を開催致します。
  省エネ情報の共有のためには顔を合わせての情報交換が効果的ですので、是非ご参加下さい。
  ※なお第13回は2017年12月頃名古屋、第14回は2018年2月頃東京で開催予定です。
  「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟 第12回省エネ情報交換会」
  ■日程:2017年10月26日(木)14:30〜19:00(開場14:15)
  ■プログラム
   14:30〜16:30:第1部:「平成30年度省エネ補助金の概要」
           低炭素化支援株式会社 代表取締役 松島康浩
           「皆様から参加者全員へ提供する省エネ情報」
   17:00〜19:00:第2部:各自で情報交換(省エネ情報をシェア)
  ■会場:第1部:新大阪セミナーオフィス ルームC
         (大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目20-14 東口ステーションビル3F
          JR新大阪駅東口徒歩1分)
          http://seminar-osaka.com/%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9/
      第2部:近隣の飲食店を予定
  ■参加対象者:・「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」会員
         ・「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」入会検討者
         ・省エネ情報の共有をしたい方
  ■参加費:第1部 会員:無料
          非会員:1,000円(税込)(当日現金でお支払下さい)
       第2部 会員・非会員:有料(参加者で割り勘)
  ■定員 :15名
  ■申し込み方法:下記事項をご記入頂き、下記申込先へEメール又はFAXにてお申込み下さい。
          ・参加者氏名
          ・第1部:参加者全員へ提供する省エネ情報
           ※当日プロジェクター使用:□使用する  □使用しない
            (パワーポイントファイル又はPDFファイルを開催日の2日前までに
             メールにて送付下さい)
           ・求めている省エネ情報
          【申込先】Eメール:info@ene-kan.jp  FAX:052-766-6923
           ※お申込み頂いた方には受付完了のメールを後日送信致します。
           ※チラシPDFやエクセルファイルの申込書等は下記のページをご参照下さい。
            http://www.ene-kan.jp/14429279312742

[画像2: https://prtimes.jp/i/18920/6/resize/d18920-6-229195-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/18920/6/resize/d18920-6-715084-2.jpg ]


◆◆◆エネルギーイノベーションジャパン2017に出展致します◆◆◆
   エネルギーイノベーションジャパン2017に出展致します。
  ・出展日時:2017年9月28日(木)〜29日(金)、10時〜17時
  ・出展場所:グランフロント大阪
      コングレコンベンションセンター 小間番号A-16
       (共同出展です)
        http://www.low-cf.jp/west/index.html


【エネルギー管理士とは】
エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)では、内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な確保に資するため、工場、建築物及び機械器具についてのエネルギーの使用の合理化に関する所要の措置その他エネルギーの使用の合理化を総合的に進めるために必要な措置を講ずることとしています。

このうち、大口のエネルギー使用工場については、エネルギー管理の中核的な役割を担う「エネルギー管理者」をエネルギー管理士免状の交付を受けている者のうちから選任し、エネルギー管理者は、エネルギーの使用の合理化に関しエネルギーを消費する設備の維持、エネルギーの使用の方法の改善・監視等の業務を管理することとしています。
(出典:経済産業省HP)

【エネルギー管理士の状況】
・エネルギー管理士制度の開始年:昭和54年(省エネ法施行年)
・エネルギー管理士免状の交付件数の累計:66,000件
・第1種エネルギー管理指定工場:7,380件(平成25年3月末時点)

【設立目的】
・省エネ情報の共有と相互研鑽の場
・国家資格「エネルギー管理士」の地位向上
・省エネルギーの一層の推進

【活動内容】
・省エネ情報交換会(交流会)の開催(年6回)
・フェイスブックでの省エネ情報共有・会員間の交流
(常時:非公開グループで実施)
・メールマガジンによる省エネ情報提供(月1回)
・ホームページでの省エネ情報提供(常時)
・国・地方自治体等との情報交換と提言(適宜)
・会員証の発行
・省エネ用計測器の無料貸出(省エネ用計測器のシェア)

【会員数】
・会員数:101名(2017年9月23日現在)


【本件に関するお問い合わせ先】
団体名:一般社団法人全国エネルギー管理士連盟
担当者名:松島康浩
TEL:052-766-6984
FAX:052-766-6923
Email:info@ene-kan.jp
http://www.ene-kan.jp/
https://www.facebook.com/enekanren

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エネルギーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ