京王線つつじヶ丘駅の列車接近メロディーが童謡「思い出のアルバム」に変わります!

9月25日(月)17時38分 PR TIMES

10月2日(月)始発から

京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)と調布市(市長:長友 貴樹)では、10月2日(月)始発から、京王線つつじヶ丘駅の列車接近メロディーを童謡「思い出のアルバム」にします。

 「思い出のアルバム」の作曲者である本多鉄麿(てつまろ)氏は、常楽院(住所:調布市西つつじケ丘4-9-1)の第五十二世住職です。また、常楽院が経営していた神代幼稚園の園長を務めていたことから,住職没後30年の1996年、幼稚園の教え子などの有志によって、常楽院に歌碑が建立されました。
つつじヶ丘駅は歌碑が建てられている常楽院の最寄り駅であり、お客様にとってなじみ深いことから、「思い出のアルバム」を列車接近メロディーとして導入します。
 詳細は下記のとおりです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22856/90/resize/d22856-90-407068-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/22856/90/resize/d22856-90-843193-2.jpg ]


1.つつじヶ丘駅の列車接近メロディーについて
(1)実施場所 つつじヶ丘駅
(2)日時 10月2日(月)始発から
(3)曲名 「思い出のアルバム(オルゴール調)」
 ※メロディーは桐朋学園大学音楽学部(東京都調布市)の先生が演奏したものを使用します。
 ※1・2番線は最後の部分、3・4番線は冒頭部分を使用します。
(4)内容
列車接近メロディーとは、列車到着時に列車が近づいていることを知らせるために使用されています。列車到着時の案内放送の前段に5秒程度のメロディーが流れます。
≪列車到着までの流れ≫
列車接近 → メロディー → 案内放送 → 注意喚起音 → 列車到着
2.お客様のお問い合わせ先
京王お客さまセンター  TEL. 042-357-6161(9:00〜19:00)
調布市生活文化スポーツ部産業振興課 TEL. 042-481-7185(8:30〜17:15)
                          以 上
【参 考】京王線・井の頭線の列車接近メロディー導入一覧表

[画像3: https://prtimes.jp/i/22856/90/resize/d22856-90-770911-3.jpg ]

PR TIMES

「アルバム」をもっと詳しく

「アルバム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ