日米貿易合意、「トランプ再選」への協力優先でねじ曲げられた原則

9月27日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:AFP=JIJI

写真を拡大


 26日未明(日本時間)、ワシントンでの安倍晋三首相とトランプ大統領の会談で、新しい日米通商協定が合意に達した。


 安倍首相は「ウィンウィン」と言うが、今回の交渉とその結果は、問題山積で決して胸を張れるようなものではない。


 特に「トランプ大統領の再選戦略への協力」を優先させるために、歴代の通商交渉担当者が営々と築いてきた原則を無視したことは、将来に禍根を残すことになる。


「自由貿易の旗手」を目指す日本の国際的信用に傷をつけるものになりそうだ。


米国の自動車関税は先送り

日本の農業は「約束」通り引き下げ


 発表された主な合意内容は次の通りだ。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「トランプ」をもっと詳しく

「トランプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ