【赤坂エクセルホテル東急】「新・グランドメニュー」登場!

9月27日(水)16時24分 PR TIMES

ランチ・ディナーともに 2017年10月1日(日)より

赤坂エクセルホテル東急(東京都千代田区、総支配人 八木 進午)では、レストラン「赤坂スクエアダイニング」(3階)の、ランチおよびディナーのグランドメニューを一新し、2017年10月1日(日)より提供を始めます。

今回の改訂の主な目的は、次の二つです。

メニュー拡充にる選択肢の増大
顧客の幅広い嗜好への対応

ランチメニューは25点から43点に、ディナーメニューは28点から49点に、それぞれ大幅に数が増えました。
さらに定番人気の「ジュージューステーキ」では、牛肉にオーストラリア産牛フィレ・US産牛ロース・国産牛ロース(下写真)をご用意し、お好みでお選びいただける選択の幅も広がります。


[画像1: https://prtimes.jp/i/5113/1122/resize/d5113-1122-511156-0.jpg ]

新メニューには、商談などでご利用いただきやすいサンドウィッチや、夕方からの“軽く一杯”というシーンにピッタリのオードブルプレートが加わるなど、近隣のビジネスマンの嗜好に合わせた変更も特徴です。2年前に登場以来人気の「トリュフ風味のオムレツサンド」をはじめ、「ローストビーフバゲットサンド」、「カツサンドウィッチ」などが新たに加わります。伝統メニューでは、季節を問わず人気の「広東麺」は引き続きご提供。復活を望む声が多かった「排骨麺」が、今夏提供の『夏の麺フェア』での復活を契機に、グランドメニューに再登場となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5113/1122/resize/d5113-1122-457338-3.jpg ]

また海外からのお客様には、和食メニューを盛り込んだ「重箱に散りばめた見附御膳」や「赤坂御箱」など、日本を感じていただけるメニューも。これらは年配のお客様にもお選びいただきやすいメニューです。選択肢を広げることで、繰り返しご利用いただく顧客の幅広い嗜好に応えるべく、新旧も取り揃えたバラエティー豊かな構成となっています。

■ディナーメニューの一例(ランチメニューの料金とは異なります)


オードブルプレート(パテ・生ハム・マリネサーモン・チーズ2種) ¥2,400
グリルソーセージとフライドポテト ¥2,000
北海道オールスターチーズプレート(ブルー・カマンベール・ゴーダ・さくっとゴーダ) ¥2,400
グリルビーフとアボカドのチョップドサラダ ¥2,200
[画像3: https://prtimes.jp/i/5113/1122/resize/d5113-1122-863971-2.jpg ]


トリュフ風味のオムレツサンド ¥2,000
カツサンドウィッチ ¥2,100
ローストビーフバゲットサンド ¥2,400
ビーフと茸の和風ピラフ ¥2,400
[画像4: https://prtimes.jp/i/5113/1122/resize/d5113-1122-149692-4.jpg ]


広東麺 ¥2,600    
排骨麺 ¥2,600
天婦羅蕎麦(海老・きす・野菜) 温製または冷製 ¥2,400
スクエアダイニングカレー[ビーフカルビ/ポークカツ/ シーフード] ¥2,200
重箱に散りばめた見附御膳 (小鉢・お造り・焼き物・天婦羅・煮物・ご飯・お味噌汁・香の物・フルーツ)¥3,900
うな重 ¥3,500     
ステーキ重(国産牛使用) ¥5,500
松阪ポークのグリル マスタードソース ¥2,900
ジュージューステーキ(ご飯・お味噌汁・香の物付き) オーストラリア産牛フィレ 150g ¥3,900/US産牛ロース 220g  ¥3,600/国産牛ロース 150g  ¥5,700  



■「赤坂スクエアダイニング」について
赤坂見附の交差点を見渡す、ブッフェとレストラン、2つのコーナーからなり、ウッディーで落ち着いた雰囲気。お食事・喫茶・お酒など、様々なシーンでご利用になれ、お一人様から大人数まで対応できる柔軟性と機能性を兼ね備えます。
営業時間 
[平  日] 6:00〜23:00(ラストオーダー22:30)
[土・日・祝日] 6:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
[画像5: https://prtimes.jp/i/5113/1122/resize/d5113-1122-139064-1.jpg ]


お客様の ご予約・お問い合わせ先
TEL:03-3580-2331(赤坂スクエアダイニング予約 10:00〜20:00)

PR TIMES

メニューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ