坂本龍一『B-2 UNIT』2019年最新版本日発売!エンジニアのデニス・ボヴェル 最新ロング・インタビューも大公開! 9月27日より海外発売・配信もスタート

9月27日(金)12時40分 PR TIMES

本日9月27日(金)、坂本龍一の2ndアルバム『B-2 UNIT』が、海外でも2019年最新リマスタリングにてアナログレコード発売、ハイレゾおよびストリーミング配信が開始された。

 
[画像1: https://prtimes.jp/i/20808/418/resize/d20808-418-165159-1.jpg ]

 日本国内では9月25日(水)、12インチ33回転アナログレコード・SACDハイブリッド・ハイレゾ配信(96kHz/24bit)の2019年リマスタリング盤が発売中・配信開始となっている。
 
 このアルバムは1980年に発売した坂本龍一がイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)在籍時の1980年に発表した2作目のソロアルバムであり、YMO人気が過熱する中で、「音」や「音色」そのものに焦点をあて制作され、ダブやアフロビート等の方法論を大胆に援用し、今なお革新的な輝きを放ち続ける過激な意欲作である。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20808/418/resize/d20808-418-742932-0.jpg ]


 また、制作当時のエンジニアを担当したデニス・ボヴェルの最新ロング・インタビューが株式会社ソニー・ミュージックダイレクトの運営するサイト「otonano」内の『B-2 UNIT』特設ページにて公開された。
このインタビューは2019年8月5日 WhatsAppによって行われたもので、約5000字におよぶボリュームになっている。エンジニア デニス・ボヴェルの証言から、1980年の制作当時の様子を克明に辿る内容となっている。

アフリカ・バンバータ、デリック・メイなどのヒップホップ、テクノDJからも評価の高い作品が今回の海外配信をうけて改めて世界中で再評価されることとなるだろう。

 株式会社ソニー・ミュージックダイレクトが運営するサイト「otonano」のなかに『B-2 UNIT』特設ページが公開されている。最新情報や詳細情報はこちらからも要チェックだ。
(URL:http://www.110107.com/B-2UNIT)
[画像3: https://prtimes.jp/i/20808/418/resize/d20808-418-828262-2.jpg ]


【 製品情報 】
タイトル:B-2 UNIT
アーティスト:坂本龍一
発売日:2019年9月25日
発売元:ソニー・ミュージックダイレクト

オリジナル発売:1980年
プロデュース:坂本龍一、後藤美孝
参加ミュージシャン:アンディ・パートリッジ(XTC)、組原正、大村憲司
エンジニア:デニス・ボヴェル、スティーヴ・ナイ、小池光夫、寺田康彦 ほか

【 SACD ハイブリッド 】
型番:MHCL-10122
価格:3,000円+税
仕様:SACDハイブリッド
Remastered by Heba Kadry

収録内容:
01: differencia
02: thatness and thereness
03: participation mystique
04: E-3A
05: iconic storage
06: riot in Lagos
07: not the 6 o'clock news
08: the end of europe

【 アナログ 】
型番:MHJL-101
価格:3,700円+税
仕様:33回転12インチアナログ
Remastered by Heba Kadry
Disc cutting by Bernie Grundman at Bernie Grundman Masterring

収録内容:
Side A
1: differencia
2: thatness and thereness
3: participation mystique
4: E-3A
Side B
1: iconic storage
2: riot in Lagos
3: not the 6 o'clock news
4: the end of europe


【参考URL】otonano特設ページURL:http://www.110107.com/B-2UNIT

PR TIMES

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ