クラウド型災害⽀援管理ツール「スマレプ」実証実験開始 千葉県館山市で500人以上が使用 「⾮常に役に立っている」声も

9月28日(土)18時40分 PR TIMES

株式会社Tech Design(本社:大阪府大阪市福島区、代表:津田裕大)は9月11日、現在開発中の災害⽀援管理ツール「スマレプ」を千葉県館山市のボランティアセンターつながりサテライトにて導入し実証実験を開始いたしました。こちらは「一般社団法人震災復興⽀援協会つながり」様主導で活用していただいており、現在すでに500人以上のボランティア受け入れをスマレプで行っております。

■災害支援ボランティアにおける受付の課題を解決。クラウド型災害支援管理システム「スマレプ」

[画像1: https://prtimes.jp/i/44535/6/resize/d44535-6-188344-4.jpg ]

弊社は「IT革命によってより最適化された新しい社会の当たり前をデザインする」ことを理念に掲げて防災事業に取り組むIT企業です。かねてから開発を行なっていた災害支援管理システム「スマレプ」が、台風15号の被害を受け立ち上がった千葉県館山市ボランティアセンターつながりサテライトにて導入/実証実験を開始いたしました。「スマレプ」は、ボランティア要請を行なったときに煩雑化する管理をクラウド上で完結し、受付もiPadやスマホなどで簡略化できるクラウド型災害支援管理ツールです。ボランティアをしたい想いを持つ方が現場ですぐに活動できる上に、災害支援団体が少しでも多くの人へ支援活動を行えるよう開発に努めております。 今回「一般社団法人震災復興支援協会つながり」様にご協力頂き、千葉県館山市の災害支援ボランティア現場での実証実験が開始いたしました。
まだ開発段階ではありますが、「まだ細かい問題もあるが非常に助かっている。今後ボランティア運営に必ず必要なサービスになることは間違いない」といったうれしい声をいただいており、当社といたしましては災害支援ボランティアの受付の課題を解決できるツールとして活躍するものとなることを期待しております。


[平時から活用できる支援管理システム スマレプ]
[画像2: https://prtimes.jp/i/44535/6/resize/d44535-6-281795-6.png ]


・災害時の支援要請を簡略化
・ボランティアの受付をiPad活用で無人化
・クラウド上で支援の数値管理を完結
・平時からイベント管理などに活用できるものとして災害時にも無理なく使えるシステム

《実証実験中URL》
https://www.sumarep.com/events/402/event_bookings/new


[画像3: https://prtimes.jp/i/44535/6/resize/d44535-6-707678-5.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/44535/6/resize/d44535-6-300850-2.jpg ]



■「一般社団法人震災復興支援協会つながり」とは
[画像5: https://prtimes.jp/i/44535/6/resize/d44535-6-837565-3.jpg ]

東日本大震災から発足し、全国各地の被災地復興に貢献する事を目的とし設立された団体です。 宮城県を中心に支援活動を行い、平成25年度社会貢献者表彰を受賞。 被災地からの恩返し(恩送り)として全国大規模災害地での初動緊急災害支援活動として現地にボランティア拠点を設置し、避難所運営サポート、物資の受け入れ仕分け搬送、炊き出し、ガレキ撤去などを行なっております。

【団体概要】
団体名 :一般社団法人震災復興支援協会つながり
代表理事 : 勝又 三成
発足年月日: 2011年03月11日
法人設立日: 2012年10月23日
南三陸本部:宮城県本吉郡南三陸町歌津字大沼218-2
仙台事務所:宮城県仙台市青葉区小田原5-3-40-311
お問合せ: info@tsunagari-project.com

■株式会社Tech Design代表・津田裕大/スマレプ実証実験開始に関して
災害直後は非常に現場が混乱します。
現場には助けを求めている人がたくさんいて、支援活動を行う自治体や災害支援団体は、その助けを求める人が少しでも早く元の生活に戻れるよう人モノ金を集め活動します。
時間が限られている現場では、ボランティアをどう受け入れどう配置するかが非常に重要です。支援活動には人がたくさん必要です。受け入れができなければ支援は進みません。
ただ、受け入れするにも人が必要です。災害直後は数百人の人が拠点に殺到する場合もあり、受け入れ態勢が出来ていなければ現場は混乱しボランティアは稼働しなくなってしまいます。人の受け入れ体制をどれだけ早くつくるか、そして支援活動にかかる管理コストをどれだけ削減できるか。これが現場では非常に重要です。
私はスマレプを通して、現場の受け入れ態勢を早期に構築し、そしてそれにかかる管理コストを削減し、被災地域のより早い復旧に貢献したいと考えております。

■防災をもっと身近に「SAIGAI JOURNAL」リニューアル

[画像6: https://prtimes.jp/i/44535/6/resize/d44535-6-562383-7.png ]

昨年オープンした「SAIGAI JOURNAL」のデザインを9月27日にリニューアルいたしました。オレンジ色を基調に、これまでより温かみのあるデザインとなっております。新しい連載として、別分野のプロフェッショナルと防災をかけ合わせる「カケルボウサイ」、地域の防災の取り組みを取り上げる「私たちの街の防災」などがスタートしています。今後も、防災やボランティアを新しい観点で捉えられるメディアとして活動していきます。

SAIGAI JOURNAL:https://saigai-info.com/


【会社概要】
会社名 :株式会社Tech Design
資本金 :5,000,000円
設立 :2018年9月6日
代表取締役:津田裕大
スタッフ:10名(業務委託者を含む)
本社 :大阪府大阪市福島区福島8丁目16-10ルミエール福島801
支店 :〒106-6029 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー 29F
事業内容:WEBサービスの企画・開発・運営
メディアサイトの企画・開発・運営
Web制作、採用コンサルティング、Webコンサルティング

プレスリリースは下記よりダウンロードが可能です。
https://prtimes.jp/a/?f=d44535-20190927-1661.pdf


ぜひ貴社媒体にてお取り上げの程よろしくお願い申し上げます。

PR TIMES

「災害」をもっと詳しく

「災害」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ