「日経三国志」テレビCM、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞!

9月29日(金)17時0分 PR TIMES

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)が横山光輝氏原作の漫画「三国志」と連携した広告「日経三国志」のテレビCMが、2017年ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSのフィルム部門 Aカテゴリー(テレビCM部門)でブロンズ賞を受賞しました。(※写真は受賞作品の1シーン)

[画像1: https://prtimes.jp/i/11115/53/resize/d11115-53-162235-1.jpg ]

応募本数1,139本の中からブロンズ賞に選出されました。受賞したのは、「就活篇」「営業篇」「同期の誓い篇」「馬超もびっくり篇」「ダイバーシティ篇」の一連の作品です。このほか、マーケティング・エフェクティブネス部門、フィルム部門Bカテゴリー(web動画部門)でもファイナリストに選ばれました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11115/53/resize/d11115-53-408397-0.jpg ]

「日経三国志」は、横山さんの三国志作品の人物約50人が登場、作中の数々の名場面と、ビジネスや就活などのシーンを重ねて「知は、力なり。」とのメッセージを伝えています。日経電子版の「すべてのビジネスパーソンに質の高い情報を提供したい」との思いを、諸葛亮孔明ら英雄たちが「知」の限りを尽くし競い合う姿に重ね合わせています。出演声優には孔明役の池田秀一さん、劉備役の増岡弘さん、関羽役の小林清志さんら豪華な布陣を敷き、テレビCM、Web、交通広告それぞれで三国志キャラクターの個性を生かしたクリエイティブを展開しました。結果、「日経電子版」及び「日経三国志」に多くの人の注目が集まりました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/11115/53/resize/d11115-53-440796-2.jpg ]

■日経三国志スペシャルサイトはこちら
http://pr.nikkei.com/campaign_event/2017_sangokushi/

■日経電子版
https://www.nikkei.com/

■2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS入賞作品リスト
http://www.acc-awards.com/festival/2017fes_result/

【日本経済新聞社について】
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。主力媒体である『日本経済新聞』の発行部数は現在約271万部で、約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は現在54万人超、有料・無料登録を合わせた会員数は約360万人に達しています。

PR TIMES

「三国志」をもっと詳しく

「三国志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ