被害続出の「ラブライブ!」マンホール復活 気になる安全面の対策は?沼津市に聞く

10月1日(月)20時40分 J-CASTニュース

スプレー被害に遭ったマンホール(小澤隆沼津市議提供、編集部で一部加工)

写真を拡大

いたずら被害の頻発により回収されていた、人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクターが描かれたマンホールが2018年10月10日、再設置される。設置先の静岡県沼津市が1日、発表した。

いたずら被害をめぐっては、悪質な例も多かったため「対策お願いします!それだけが気になります」というファンからの声も少なくない。市は再設置でどんな策を講じるのか。



犯人は器物損壊容疑で逮捕


同マンホールは、沼津市や民間企業、アニメ制作会社らが連携したプロジェクトの一環で制作・設置された。「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台が沼津市内浦地区だったためで、制作のためクラウドファンディングで18年1〜2月にかけて資金を募り、最終的には目標金額を上回る約3400万円が集まった。



5月に、制作されたうち9枚のカラーマンホールが設置されたが、そのわずか9日後に一部が傷つけられる事態に。さらに、塗料のようなもので汚される被害が起きたため、沼津市が6月6日にすべて回収していた。



沼津警察署は7月2日、マンホールに傷をつけたとして男子高校生2人を器物損壊の容疑で逮捕。25日にはマンホールに塗料を吹き付け損壊させたとして同容疑で男子大学生逮捕していた。



ファン「市長!感謝します!!」


再設置されるのは、回収前の9枚に、カラー版が2枚、黒色版が11枚加わる。回収前のマンホールは3枚が4か月ごとに入れ替わり、前回の場所を中心に15か所に設置する。



沼津市の頼重秀一市長が10月1日、ツイッターで再設置を発表すると、


「市長!感謝します!!」

「深刻な事案がありながら再設置という寛大な措置をいただき感謝申し上げます」

などと、アニメのファンらからお礼の言葉が多数送られた。



一方、


「復活もいいのですが防犯対策もお願いします」

「対策お願いします!それだけが気になります」

と、安全面を懸念する声も少なくない。



市の担当者に聞くと...


沼津市水道局の担当者は1日、J-CASTトレンドの取材に、「(安全面での)具体的な対策といわれると難しい」と明かした。



ただし、「安全性の確保や回遊性の向上の観点を踏まえたうえで再設置」したといい、カラー版は監視カメラが設置された沼津駅前の商店街に集中させ、黒版は「スプレーを塗られたとしても、我々職員が黒のスプレーで塗り重ねられる」と話した。

J-CASTニュース

「マンホール」をもっと詳しく

「マンホール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ