レバレジーズが医療・介護事業に特化した子会社を設立 レバレジーズメディカルケア、11月1日営業開始

10月1日(月)11時40分 PR TIMES

医療・介護領域の人材紹介・派遣事業でトップクラスの企業に

レバレジーズの全額出資子会社・レバレジーズメディカルケア(株)は11月1日から営業を開始します。看護師・介護士の転職支援・派遣事業を軸に採用コンサルティング事業なども展開し、2019年3月期には売上高前年度比4割増を目指します。医療と介護の事業連携強化による事業の効率化を目的としています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/10591/218/resize/d10591-218-759556-2.png ]


■新会社設立の背景と目的
 レバレジーズメディカルケア(株)は本社を東京都渋谷区に置き、資本金は6,000万円、代表取締役は岩槻知秀、取締役は溝口幸治郎です。400人のメンバーでスタートし、2019年3月期には前年度比1.4倍の売上を目指します。

 レバレジーズグループは2009年10月に開始した看護師紹介事業「看護のお仕事」をはじめ、看護師派遣事業「看護のお仕事 派遣」、介護士紹介事業「きらケア 介護求人」、介護士派遣事業「きらケア 介護派遣」など、医療・介護業界を支える人々に寄り添うサービスを提供してまいりました。これまでにサービスを利用した医療機関・介護施設数は全国で1.4万、看護師・介護士の登録者数は25万人にのぼります(2018年9月時点)。

 厚労省が「2025年問題」と指摘しているように、高齢者の増加により医療・介護分野での人手不足は一段と深刻化する見通しです。2018年度の診療報酬改定では『地域包括ケアシステム(※1)』の構築が基本方針として示されるなど、医療・介護が連携して高齢者ケアに当たる必要性が高まっています。このため、レバレジーズグループはよりスピーディーな経営判断と事業の効率化が必要と判断し、子会社設立に踏み切りました。

※1:高齢者が自宅周辺(中学校区)で「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」を一貫して受けられるケア体制


■新会社の概要


[表: https://prtimes.jp/data/corp/10591/table/218_1.jpg ]



■今後の展望
 看護派遣事業は2018年10月1日に福岡支店を開設、介護派遣事業は2018年10月1日に宮城、静岡、広島各県に営業所を開設するなどエリア拡大を加速させます。看護・介護合わせてサービス登録者数を2019年3月までに29万人に増やし、2022年3月までに50万人を目標とします。取引事業所は2019年3月までに17,000社、2022年3月までに21,000社に増やす計画です。また新規事業として、医療・介護事業者向けの採用コンサルティング事業の展開等を予定しています。

■コメント

取締役 溝口(介護事業責任者)より
介護人材は2025年には37.7万人不足する見込みです(厚生労働省調べ)。介護師不足の解消には単なるご紹介や人材派遣に留まらず、業界の魅力度向上や経営安定のサポートが必要だという考えのもと事業を展開し、医療・介護業界を支える人に寄り添う企業を目指します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/10591/218/resize/d10591-218-630696-0.jpg ]

〈プロフィール〉
レバレジーズメディカルケア株式会社
取締役 兼 介護事業部責任者 溝口幸治郎(みぞぐち・こうじろう

2007年レバレジーズ入社。看護師紹介事業「看護のお仕事」の責任者として事業立ち上げを行い、2015年には介護士紹介・派遣事業「きらケア」の責任者として事業立ち上げを経てレバレジーズキャリア執行役に就任(現任)。事業戦略の責任を担い、新規事業も管轄する。

執行役 森口(看護事業責任者)より
2025年には看護師が最大13万人不足するとされており(厚生労働省調べ)、離職者の抑制や潜在看護師の活用は喫緊の課題です。地域包括ケアが促進され介護施設・訪問看護など看護師の働く場所が多様化していることから、事業所と看護師のニーズをマッチングさせることの重要性が高まっています。レバレジーズメディカルケアは事業を通して人材配置の適正化を実現し、看護師人材不足の解消に貢献します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/10591/218/resize/d10591-218-168347-1.jpg ]

〈プロフィール〉
レバレジーズメディカルケア株式会社
執行役 兼 メディカル事業部責任者 森口敬(もりぐち・たかし)

中小企業向けコンサルティング会社で採用支援・研修事業の立ち上げに携わった後、2011年レバレジーズ入社。「看護のお仕事」キャリアアドバイザー、大阪支店長、自社の新卒採用責任者を経て、2017年6月より看護事業責任者。医療機関から看護師個人まで採用・キャリア支援に関する豊富な知識と経験を持ち、組織作り、マネジメントも得意としている。

■レバレジーズメディカルケア株式会社 運営サービス
「看護のお仕事」看護師専門の転職エージェント https://kango-oshigoto.jp/
「看護のお仕事 派遣」看護師専門の派遣事業 https://kango-oshigoto.jp/feature/haken/
「きらケア」介護士専門の転職・派遣事業 https://job.kiracare.jp/
「きらケア 派遣」介護士専門の派遣事業 https://job.kiracare.jp/haken/

■レバレジーズグループについて( http://leverages.jp )
 システム開発の受託業務で2005年に創業。年商265億円(2018年3月期)、従業員数1,076名(2018年4月時点)に成長したミドルベンチャー企業です。IT人材支援トップのエンジニア/クリエイター専門エージェント「レバテック」はじめ、業界No,2の看護師転職支援サービス「看護のお仕事」、介護、M&A、若年層就業支援など幅広い分野で事業を展開。日本社会が抱える課題解決を通して「時代を動かす企業」を目指しています。このため、国内外の17拠点、社員数を拡充するほか、広告製作から運用まですべてのマーケティング活動を内製化するオールインハウス体制を強化しコスト削減と経営のスピードアップを進めています。

本社所在地: 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F・18F
代表取締役: 岩槻知秀
資本金  : 5,000万円
設立   : 2005年4月
事業内容 : 人材関連事業(人材紹介・派遣、IT人材のキャリア支援など)、M&Aコンサルティング事業

PR TIMES

「介護」をもっと詳しく

「介護」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ