(COVID-19バージョン)世界の自動車用ファスナー市場-(2015-2019年)および予測(2020-2025年)、製品タイプ別、最終用途別、地域別

10月1日(木)9時16分 PR TIMES

Kenneth Researchは調査レポート「世界の自動車用ファスナー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年9月 30日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/automotive-fasteners-market/10334106

[画像: https://prtimes.jp/i/59861/395/resize/d59861-395-843281-0.jpg ]



調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

自動車用ファスナーは、自動車および車両の組み立てに使用されるコンポーネントであり、ボルト、ネジ、ナット、ワッシャー、リベット、コンクリートアンカー、インサート、ねじ棒、および自動車製造専用の止め輪が含まれます。

自動車用ファスナーの製造には、鉄、ステンレス鋼、アルミニウム、ニッケル、真ちゅう、プラスチックなどのさまざまな材料が使用されています。これをカスタマイズして、さまざまな種類の形状やデザインを作成できます。関節のぐらつきや漏れを防ぐために、さまざまなコーティングが使用されています。

さらに、機械の進歩とファスナーの品質と頑丈さの向上は、市場の需要を後押しするもう一つの要素です。車両からファスナーを簡単に交換できるため、エンドユーザーが車両用のファスナーを入手するのに非常に役立ちます。さらに、車両の軽量化とその安定性に対する需要の急増は、溶接よりも自動車用ファスナーへのアプローチを後押しし、市場に成長の機会を生み出します。

しかし、2018年以降の世界の自動車産業の落ち込みは、自動車用ファスナー市場の成長を妨げる要因となる可能性があります。また、COVID-19の蔓延は世界経済に悪影響を及ぼしており、近い将来、市場に直接影響を与える可能性があります。

アジア太平洋地域は、自動車用ファスナー市場の需要に最も貢献していると推定されており、予測期間中に5%を超えるCAGRで上昇しています。市場の成長は、車両の急増と、車両ファスナーのアフターマーケット販売の増加に起因しています。日本、中国、インドの市場は、トヨタ、スズキ、マヒンドラ&マヒンドラ、いすゞ、東風、上海汽車、TATAモーターズなどの大手自動車の存在により成長しています。

さらに、車両重量の削減を使用するための政府のガイドラインの進展により、この地域で耐久性と軽量のコンポーネントを製造するための技術が向上しました。さらに、自動車メーカーは、関心を標準コンポーネントからカスタマイズされたコンポーネントにシフトしており、APAC地域でのカスタマイズされたファスナーの需要を強化することが予測されています。

世界の自動車用ファスナー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10334106

世界の自動車用ファスナー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


快適さと安全性に関する高度で安全なソリューションをお客様に提供するために、自動車業界は長年にわたって大きく変化しました。2009-2019年の間に、自動車生産の著しい成長が観察されました。OICA(国際自動車メーカー協会)によると、自動車と商用車の両方を含む自動車生産は、2009年の61,762,324から2019年の91,786,861に増加しました。2019年にドイツ、日本、米国は、最高の自動車輸出国でした。さらに、世界中のスマートシティや自動車の接続性などの技術の進歩の進展に伴う人口の増加と人々の収入の増加は、世界の自動車用ファスナー市場の成長に貢献している主要な要因です。この調査は、CO2排出量の増加と自動車業界に関連する厳しい政府規制による、電気自動車に対する成長の見通しとともに、課題、傾向、機会、高まる傾向など、包括的で生産的な計画に焦点を当て、クライアントが全体的な市場シナリオを理解できるよう支援します。

市場セグメンテーション
世界の自動車用ファスナー市場は、製品別(ねじ式[ナット、ボルト、ワッシャー]、ねじなし)、材料別(鋼、プラスチック)、特性別(永久、非永久)、流通別(自動車OEM、アフターマーケット)、別アプリケーション(乗用車、小型商用車、大型商用車)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界の自動車用ファスナー市場」というタイトルのレポートは、世界の自動車用ファスナー市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界の自動車用ファスナー市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界の自動車用ファスナー市場における業界のリーダーはWürth、Araymond、ITW、KAMAX、STANLEY、Aoyama Seisakusho、Meidoh、LISI、NORMA、Nifco、Meira、ZF TRW、Precision CastpartsCorp.、Topura、Chunyu、Boltun、Fontana、Sundram Fasteners、SFS intec、Samjin、Keller & Kalmbach、Piolax、B llhoff、EJOT Group、GEM-YEAR、RUIBIAO、Shenzhen AERO Fasteners、Dongfeng Auto Fasteners、Chongqing Standard Fasteners、Changshu Standard Partsなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ